トレンドアフィリエイトの記事の書き方|実際の手順&4つの注意点を解説

今回は、トレンドアフィリエイトの記事の書き方と注意点について詳しくご説明していきます。

初心者が0から1の実績作りを作りやすく、1番稼ぎやすいと言われているのがトレンドアフィリエイト。

ただひたすら流行を追いかけていくだけという事もあり、毎日毎日ニュースやテレビや新商品などが尽きる事がないようにトレンドネタは毎日尽きる事がないという事もあり、とてもネタに困らず記事が書けるというのがオススメする理由でもあります。

今読んでくれているあなたは、トレンドアフィリエイトブログのキーワード選定が終わり、ついに記事作成をするだけといったところまできたところでしょうか?

後は、ここでライティングの仕方を覚えられれば、もう記事を日々コツコツと量産するだけですね。

そんな今回は、これからトレンドアフィリエイトの記事作成を行うという方に書き方と注意点について、ご紹介していきますので、是非最後までご覧ください。

岡田康平

岡田康平
こんにちは、岡田康平です。

あなたもここでしっかりと記事の作成方法を学び、ブログでガンガン稼いでいきましょう!

▼2児のパパが自由になった方法▼

▲その秘密をメルマガで公開中▲

トレンドアフィリエイトではどういった記事を書いていけばいいの?

あなたはキーワード選定をしてきたと思うのですが、そもそもキーワードって何かご存知ですか?

キーワードはユーザーからの質問(悩み)になります。

アフィリエイトでの記事作成は、そんなユーザーからの質問に記事として答えていくのというのが主な流れになります。

私はトレンドアフィリエイトでエンタメ系をオススメしています。

その理由は、ネタがあなたも日々ニュースやテレビに触れあっていると思うので、つまり、身近なもので記事を書きやすいというからです

そこで、今回はエンタメキーワードを通して記事作成について見ていきましょう!

例えば、キーワード「芦田愛菜 中学受験 どこ 結果」だったとします。

このキーワードから感じるユーザーからの質問は、


芦田愛菜の中学受験はどこを受けたの?結果はどうどうだった?

になります。

あなたがこのキーワードに対して記事作成を行っていく場合、記事を通してそんなユーザーのお悩みを解決する記事を作成していけばいいという訳です。

ここで、忘れてはいけないのが、記事作成をする際にユーザーとGoogleから高い評価を得なければいけないという事です。

理由は、Googleからの高い評価なしに検索結果での上位表示は見込めないからです。

何より、ユーザーから高い評価得る、ユーザーが満足できる記事作成をしっかりと作れば、必然とGoogleも認めてくれると私は思います。

岡田康平

岡田康平
ユーザーが読みやすい記事ってどういうものなのか?

ヒントは、上位表示している記事に隠されているので、色々なサイトの記事構成などを見てみる事をオススメします。

というのも、現在上位表示されている記事がGoogleからの評価が高いからです。

なんで上位表示されているのか?ここを見抜く事が大事になってきますね。

 

Googleから評価される記事ってどんな記事?

先程も言ったように、Googleから高い評価をもらわなければ、まず上位表示する事はありません。

あなたはGoogleが求めている記事はどんなものか理解していますか?

簡単に言うと、Googleは質の高いサイトを求めています。

質の高い?ってどういう事って思いますよね。

それは、ユーザーにとって役立つサイトを作成する事という事ですよね。

要は、キーワード「芦田愛菜 中学受験 どこ 結果」を検索ユーザーに対して、

やってはいけない記事作りとは
  • 内容がない
  • 答えがない
  • 答えが違う

といった信憑性の高いかつ、信頼性に欠ける記事を作成してはなりません。

もちろん情報の質が高くても、低くても、そもそも嘘の情報では意味がありません。

Googleはあなたのサイトの滞在時間・直帰率などをチェックし、役に立つサイトか役に立たないサイトなのかチェックしてたりもします。

あなたが記事作成している際に、ユーザーに対して、サイトの滞在時間を延ばす・直帰率を減らすよう相違工夫をなさなければなりません。

私は作成する際に、サイトの滞在時間を意識して、文字ボリュームの管理して、目標は3分30秒あたりを目指しています。

また、直帰率はジャンルによって違いますが、リンクを記事中に関連記事として貼ったりして、直帰率を下げるよう意識しています。

 

直帰率とは

直帰率とは、あなたのサイトを訪れたセッション(訪問)のうち、直帰したセッションの割合を表わす指標です。

直帰とは、サイト内で1ページしか見ずにそのままサイトから出る、というユーザーの行動を指します。

つまり直帰率とは、全体のセッション(訪問)のうち何%が1ページしか見なかったか、を表わしています。

つまり、直帰率は低いに越した事はないですよね。

こういうのも、Googleアナリティクスでサイト登録して、チェックできます。

もちろん無料登録になります、サイトのアクセス解析に役立ちます。

 

ユーザーの満足できる記事を作ればいい!

岡田康平

岡田康平
昔は、医師監修とかそういった信憑性の高い記事が上位にずら~と並んでのはご存知ですか?

しかし、2017年に起きたGoogleのアルゴリズム変更により、圏外に一層されたんですよね。

あなたも最近そういう論文系をインターネットで見なくないですか?

そもそも、医師監修とかの論文とかって私達読んでも、小難しい言葉ばかりで理解し難しいんですよね。

だから、私たちが読んでも得られるものはなく、ユーザビリティに欠けるんですよね。

確かに。信憑性の高い記事なんですけどね。

実際に、その時のアルゴリズム変更で上位表示されるものが大きく変わり、その時に残ったサイトが以下になります。

上位表示され始めたサイトの特徴
  • 見やすい
  • 分かりやすい
  • 使いやすい

つまり、検索ユーザーに対して、利便性が高い記事が上位表示しやすくなったというわけです。

要は、この時からGoogleのいうユーザーファーストという、ユーザーが分かりやすいコンテンツを作る事が大事になってきたわけです。

岡田康平

岡田康平
確かに、そうですよね、Googleはこの先もずっと検索エンジンを困った時に利用し続けてほしいのですから。

検索して、ユーザーの求めるコンテンツが出てこないような検索エンジンでは客離れしてしまいますからね。

つまり、ユーザーの検索する心理を考え、どういった情報が欲しいのかについて考えて、ユーザーの事を考えた記事構成が重要なんですよね。

こういうのも、キーワード選定とか、色々なキーワードに触れ、色々な記事作成を行っていく過程でライバルサイトを色々見て回ると段々と求めているものが分かってきます。

というのも、上位表示しているサイトはそれに答えているからです。

だからこそ、日々のライバルチェックは手を抜けませんね。

 

トレンドアフィリエイトの記事を書く際の4つの注意点

トレンドアフィリエイトの記事の書き方と注意点

あなたが何のために、記事を書くのか分かっていますか?

あなたがキーワード選定したキーワードで、検索結果1位を狙いに行くのです。

岡田康平

岡田康平
上位に表示されていない記事は見られないという事を頭に置いておきましょう!

どんなに良い記事を書いても、読まれなければ書いた意味もないですよね。

収益を上げていくために、記事を書いていくわけですもんね。

だからこそ、検索結果で1位を目指す事は忘れてはいけませんよ!

まず、書く前に意識すべき事は先程ご説明したように、

記事作成時に心掛けていくべき3つのポイント
  • 見やすい
  • 分かりやすい
  • 使いやすい

これらを踏まえて、ユーザーを満足させる事ができる利便性の高い記事作成を目指していくのです。

そのためにやっていくべき事について順を追ってご説明していきます。

 

①情報収集をしっかりとやる(インプットの時間を設ける)

まず、記事作成を行っていく前に、インプットの時間を設けましょう!

あなたはキーワード選定をした際に、あなたの好きな内容からではなく、需要のあるキーワードという選定基準でYahoo!虫眼鏡キーワードが選定してきたと思います。

あなたは少なからず、ユーザーのお悩みに答えていく先導者になります、

だからこそ、それなりのキーワードに対する知識が必要になってきます。

そこで、インプットにおススメなのがそのキーワードの検索結果10サイトをまずは内容を確認してみましょう。

そこで、検索ユーザーが求めている内容(答え)を上位表示しているサイトの記事から抽出していきます。

また、検索結果10サイトだけでなく、ツイッター・フェイスブックなどのSNSを利用しようしたり、自分で他に調べてみたりもしてみたり、情報収集に活用できるものは何でも活用してください。

そこで、得られた情報をあなたの考え・思いのフィルターを通して表現していってください。

大事な事は、網羅性を持つ事になります。

また、記事作成を行っていく際に心掛けてい欲しい事は、あなたの考え・思いなどのあなたのフィルターを1度通す事です。

ユーザーはあなたの見解・考えをとても読みます。

サイトの滞在時間がとても上がります。

しっかりと自分目線の考え・思いを取り入れて、網羅性を持ったオリジナルコンテンツを目指してください。

岡田康平

岡田康平
インターネットには信憑性に欠けるコンテンツとかも発信されています。

しかし、インターネットの情報って鵜呑みにしてしまう人が多いんですよね。

そんな正しい情報だけではないですよ、あなたも情報収集する際に、間違った情報を自分オンサイトに反映しないように注意してくださいね。

 

②読みやすい記事を作成する

まずは、文章の型を知りましょう!

型といっても、何なのかという事で、読みやすい流れの良い記事を作る事ですね。

大まかな流れは、ユーザーの悩んで調べた事に対するアンサーからより深くそれについて教えてあげる事を意識してください。

そのアンサーで、ユーザーが読んで思い浮かぶ「?」を補足していくのも大事ですね!

しかし、記事作成時に読みやすい記事を作る際に使用してもらいたいのが、「見出し」ですね。

見出しを使用すると、文章にメリハリが出て、とても読みやすい記事を作成していく事ができます。

ワードプレスでは見出しの指定ができるので、「見出し2」「見出し3」「見出し4」などを上手く使って、読みやすい流れの良いコンテンツを作り上げるという訳です。

と言っても、見出し設定の仕方が良く分からないという方もいますかね?

例えば、あなたが作成したいキーワード「芦田愛菜 中学受験 どこ 結果」だったとします。

まず、第一前提でキーワードの質問に対するアンサー(答え)は必ず記載して下さい。

実際に私が例のキーワードを通して見出し設定をしていきたいと思います。

 

見出し設定

色々情報収集してみた結果、

こういった流れが望ましいですね。

ユーザーが答えをあなたの記事を通してお悩みを解決しつつも、それを踏まえて知りたくなる事などが網羅されていて、スムーズに読み進められる記事構成になっています。

また、もう1つ考えてみると、

なんてパターンも非常にユーザーが読みやすい構成になっていると思います。

ゆくゆくは、難しいライバルサイトとか攻めるのであれば、サジェストとか使ったり、サイトマップを考え、どういう内容を記事に盛り込んでいくべきなのかとか考えなければいけない部分もあります。

しかし、初めはコンテンツの流れを意識して、読みやすい記事構成を考え、見出しを設定していく事をオススメします。

岡田康平

岡田康平
1つ1つの見出しに対する文字ボリュームは、見出し1つに対して、500文字以下で区切っていくと、見やすく読みやすくなります。

ユーザーは自分の知りたい情報だけを抽出していきます。

なので、文字だけがずらりと並べてあるよりは、見出しで区切っていた方が同じ文字ボリュームでも非常に読まれやすくなる傾向があります。

実際に、あなたが読んでいるこの記事も見出し2~見出し4で構成されています。

冒頭文下の目次などを見てみると、構成が見えてきます。

ちょっと文字ボリュームを詰め込んでいる感じもしますが、参考にしてみて下さいね。

 

③見やすい記事を作る

岡田康平

岡田康平
ユーザーは最近、PCよりスマホユーザーの方が多い傾向があるんですよ!

つまり、スマホユーザーの事を考える必要があります。

そんな事を踏まえながら、見やすい記事にするために、行うべき事は、

記事作成時に心掛けていくべき3つのポイント
  • 改行を見出しの前にいれる。
  • 「、」「。」で改行を入れる。
  • 文字の色は赤・青・黒で十分。
  • 画像を挿入する

改行を入れたり、「、」「。」で改行を入れる理由は、スマホは画面が小さいので、文字がくっつきすぎると非常に読みにくくなるからです。

岡田康平

岡田康平
私はいつも記事作成後にスマホ・PC両方で確認をしています。

画像を入れる事で、だいぶ記事の印象って変わるんですよ。

見やすくもなりますし、画像によってユーザーに記事を読んでいて飽きを来させない効果もあったりします。

しかし、なるべくあなたも画像を使用する際は、フリー画像でも良いのですが、関連のある画像を入れていく事をオススメします。

 

④ユーザーの心に突き刺さるタイトル設定をする

どんなに良い記事を作成しても、ユーザーが初めてあなたの記事と触れ合うのは、タイトルからになります。

つまり、ユーザーの心に刺さるようなタイトル設定をつける事によって、ユーザーがあなたのサイトを訪れる確率が上がります。

大事な事は2点ですね。

タイトル設定をつける際の2つの注意点
  • タイトルにキーワードを含む事
  • ライバルのタイトルと被らないようにする事

例えば、あなたが作成したいキーワードがお馴染みの「芦田愛菜 中学受験 どこ 結果」だったとします。

岡田康平

岡田康平

ちょっと変わるだけでも雰囲気がユーザーの感じ取り方が違うのは分かりますか?

あなたもタイトルをつける際に、キーワードだけ意識してタイトルつけると、ライバルサイトと被ってしまったりして差別化が図れない事もありますので、ライバルのタイトル設定は記事を投稿する前に確実に確認していきましょう!

 

▼2児のパパが自由になった方法▼

▲その秘密をメルマガで公開中▲

トレンドアフィリエイトブログの記事を書く際の実際のやり方・手順

トレンドアフィリエイトの記事の書き方と注意点

美容とか健康とかそういったジャンルは記事を書く際の基本の流れは下記なります。

記事作成時の王道な構成パターン
  • ユーザーが抱える問題提起と悩みに共感・理解を得る(冒頭文)
  • 原因とその原因になってしまった原因を掘り下げる
  • ユーザーが抱える問題提起に対する解決策を提示
  • 解決策に対するデメリット
  • そのデメリットに対してアフィリエイトリンク
  • 明るい未來を想像させる(まとめ)

しかし、ベースはこれなのですが、このライティング方法はライティングパターンの1つに過ぎません。

キーワードは色々なパターンがあるのですから、必然とライティングパターンもたくさん必要です。

岡田康平

岡田康平
ライティングパターンを増やすというよりは、自分のライティングの引き出しを増やす事が重要になります。

それが、稼ぎ続ける力の1つになります。

何のキーワードが来ても、記事作成をするスキルを持たなければ、稼ぎ続ける力は身につきません。

何のキーワードに対しても記事作成を行っていければ、ライバルの弱いキーワードだったり、ジャンルを攻める事ができ、ニッチなキーワードを独占していく事で、収益・アクセスをより早く安定させていく事ができます。

岡田康平

岡田康平
記事が書きやすいキーワードとか、記事が書きにくいキーワードって存在しますよね。

これは他のライバルサイトのアフィリエイターも一緒の事を思っています。

だから、書きやすいキーワードはみんな集中してくるんですよね。

しかし、皆が書きにくいキーワードを書く力を身につければ、他のアフィリエイターと市場が差別化していく事ができます。

私は、そのキーワードが需要がある限り、何のキーワードだって書きますし、書けます。

色々な引き出しを持っているので、記事構成に困る事もありません。

また、ライバルが強いキーワードって、Googleのアルゴリズム変更にも引っ掛かりやすい傾向にあり、順位が変動しやすいんですよね。

だからこそ、ライバルの弱いキーワードを見つけて、確実に検索結果1位を狙っていく事で、ブログが資産になり積み上がっていくのでオススメです。

 

①見出し設定をして記事構成を考える

初めにやってほしい事は、見出しを設定して、あなたの作る記事の構成を決めていく事です。

初めは応用がきかず、見出し設定の仕方・文言が分からないといった方もいると思いますが、ある程度やると、型が見えてくるので、ちょっと数作っていく必要もあります。

ワードプレス上には、見出し設定ができると思うのですが、見出し1はh1タグというのですが、それはタイトル名なので、あなたが使うのは見出し2から使用します。

見出し2から、見出し4~5ぐらいまでを使用するのですが、使い方の考え方としては、

見出しの使い方・考え方
  • 見出し2設定の内容の詳細を見出し3を設定し内容を記す
  • 見出し3の内容に対して補足が必要であれば、見出し4を設定し内容を記す
  • 見出し4の内容で示しきれなかった部分を見出し5を設定し内容を記す

といった流れが望ましいです。

先程もご説明したように1つの見出しでだらだら文字を記載すると非常に読みにくくなります。

岡田康平

岡田康平
ユーザーファーストではない、自己満なコンテンツを作ってはなりませんよ!

なので、初めの見出し2で記す内容も見出し2で設定した答えからあんまり掘り下げずに、内容を掘り下げたいのであれば、見出し3を設定してその見出しで掘り下げていくイメージになります。

 

見出し設定の参考例

先程載せた例を見ながら、今説明した事をおさらいしていきたいと思います。

岡田康平

岡田康平
○○中学校の偏差値は?という見出しは、芦田愛菜の中学受験の結果は?(見出し2)の内容として記載してもOKです。

しかし、読みやすくするために、見出しを設けて、芦田愛菜の中学受験の結果を知りたかったユーザーが知りたい情報を掘り下げていくといった流れになります。

 

②見出しに対する内容・説明をライティングする

先ほどもご説明したように、あなたの考え・思い・考察だったり、その情報に対するあなたの思いに価値があり、ユーザーの目が止まります。

岡田康平

岡田康平
あなたが映画を見に行く事にしました!

なんで見に行くんですか?

あなたは友人が面白かったとか言ってたのを聞いたり、テレビで映画が面白いっていう誰かの考え・思いを非常に参考にして、見に行こう!って決めたのではないでしょうか。

そうなんですよ、ラーメン屋行く前に食べログで口コミ調べるように、人間って人の意見・考えに耳を傾ける習性があるんですよ。

ただ情報だけ乗っかってるコンテンツなんて、サクッと読めちゃうんですよね。

ユーザーの検索を掛けて必要としている情報なんて、そんなに文字ボリュームないんですよ。

しかし、Googleは滞在時間とかもチェックし、サイトの評価に反映しています。

だからこそ、それなりの文字ボリュームが必要になってきます。

あなたの考えや思いなど、フィルターを通す事で文字ボリュームを増やしていく必要があるのです。

オリジナルの文章はGoogleからの評価も高い傾向にあります。

つまり、情報の網羅性も大事ですが、あなたにしか書けない記事を目指してみて下さい。

 

③冒頭文(導入文)とまとめの挿入する

骨組みをして、ライティングをして、あとは冒頭文とまとめでほぼ完成ですね。

大体の構成が見えてきましたかね?

それでは、冒頭文とまとめを書く際のポイントを見ていきましょう。

 

 

冒頭文のポイント

  • 読者のキーワードを検索した心理を理解し、共感して、問題提議をする。

例えば、あなたが作成したいキーワードがお馴染みの「芦田愛菜 中学受験 どこ 結果」だったとします。

岡田康平

岡田康平
基本は書き方は自由になりますが気を付けていくべき事は、SEOでもディスクリプションは非常に大事なので、キーワードを意識した冒頭文を150~500文字ぐらいで作成してみてください。

また、共起語もしっかりと含んでいきましょう!

 

まとめのポイント

まとめは総括というか、このキーワードに対するあなたのコンテンツを読んだおさらいとかそういった形でもいいです。

また、あなたのコンテンツを通して、マッチしているアフィリエイト案件があれば、アフィリエイトリンクに訴求しても構いません。

まとめの基本的な考え方は、

見出しの使い方・考え方
  • 記事を読んだユーザーに向けてこの情報を受信してどうだったか?
  • あの情報について、あなたは予想できました?

といった形でユーザーに問いかけながら、あなたの意見などを書いていき、記事を締めくくってく下さい。

岡田康平

岡田康平
何かと、語り掛けるような形がオススメです。

文字数的には150~500文字ぐらいで作成してみてください。

一気に記事を書く際のポイントや注意点をご説明してきました。

不明点がある方はコメント欄などにコメント下さいね。

 

『トレンドアフィリエイト 記事の書き方 注意点』まとめ

トレンドアフィリエイトの記事の書き方と4つの注意点について詳しくご説明してきました。

記事の書き方をご説明してきましたが、何より大事な事は上位表示を狙う事にあります。

その中でも、検索結果1位を狙っていく事を忘れないで下さいね。

実際に上位表示を狙っていくには、検索上位に表示されている他のサイトに負けない網羅性・専門性のもった内容の濃い記事を作成する事をまずは心掛けて下さいね。

実際に自分で記事を作成していけば、こんな内容・文字ボリュームの記事で、1位になれるんだという感覚が掴めてきますので、1記事1記事を大切にコツコツと記事作成に励んでいって下さいね。

2児のパパが自由を手に入れた方法を メールマガジンで公開中!