fbpx
コラムで語る

家族を幸せにするにはお金が必要?

家族ができた時に特に「家族を幸せにするためにお金が必要だ」と考える人は少なくないでしょう。

しかし、よくメディアや啓発本などで、幸せってお金で買えないって書いてありますよね。

幸せ=お金で無いのであれば、なんで頑張って仕事をして家計にお金を回しているのかわからなくなったりしませんか?

お金で幸せになれないのであれば、どうやって幸せを見つけたらいいのでしょうか。

家族と過ごす時間を増やせばいいのか・・・?

大事なのは、「お金をたくさん増やすこと」じゃなくて『お金の使い方で幸福感を感じること』。

これがどういう事なのか、そのためのコツなどをご紹介していきますので、最後までしっかりとご覧ください。

岡田康平
岡田康平
こんにちは、岡田康平です。

2児のパパの私が自由なライフスタイルを手に入れた方法をもう確認しましたか?

今なら期間限定で、ブログ1つで月収150万円稼ぎ続ける方法も無料プレゼントしているので、是非そちらも受け取ってくださいね。

>>プレゼントを今すぐ受け取る

なんでみんなお金持ちになりたいの?

今ある家族を幸せにしたい
これからできる家族を幸せにしたい

そう思う一心で、ひたすら働くことは決しておかしな事ではありません。

お金はあって不自由することはほとんどありませんし、かといってお金があれば完璧に幸せか?と言うと、そうでもないはずです。

しかし、貧乏であることが不幸の原因を招く事は多々ありますよね。

催促の電話が鳴りまくる中で、家族団らんの夕食の時間が過ごせるでしょうか?

「こんな事になってても、我が家は幸せだね」なんて言える親はいないと思います。

そう考えると、幸せになるためにはある程度のお金がやはり必要似鳴るわけですが、じゃぁどれだけのお金があると幸せを感じる事ができるのでしょうか。

月に20万円?それとも50万円??

ここには大きく個人差が出てきそうですよね。

仮に1000万稼ぐ人は手放しで幸せ!と叫ぶことができるのでしょうか??

「今の私より遙かにマシでしょ」と思う方もいるかもしれませんが・・・では、あなたより収入の低い家庭で幸せを感じない人は本当にいないのでしょうか。

やはり、幸せ=お金では無さそうです。

・・・しかし、お金が原因で不幸にも幸せにもなれるのだとしたら、お金にまつわるどんな事が大事なのでしょうか。

 

お金は使うだけでは満たされるわけではない?

お金には困っていないけど、幸せも感じられない。

そう思っている方は、普段のお金の使い方に問題があるのかもしれませんね。

例えば、誰に対してお金を使っているか、という事も重要です。

大して親しくもない人や、これっきりかも・・・と思うような相手との付き合いにお金を使う事は無駄だと言わざるを得ません。

欲しくて買ったものでも、飽きてタンスの肥やしになっていたり・・・

所謂「無駄使い」を繰り返しているだけになっていませんか?

無駄遣いは「無駄に気付いた時」、思った以上に虚無感や罪悪感、不幸感などを味わってしまう原因になります。

なるべくなら、無駄な出費は押さえたいですし、貯蓄を増やしたい!と思うのが当たり前ですよね。

 

お金が貯まらない人の特徴について

家族を幸せにするにはお金が必要?

お金を使うときは、本当に大事なもの・人に使う事が大事です。

あなたのいう幸せは自分だけのものでなく、それは家族や友人など身近な人も含まれているはずです。

周囲にお金を使う事は、記憶として互いに残ります師、充実感は幸福感にも代わり繋がっていきます。

大事な人がよくわからない、という時には、自分の名前を中心においた円状のグラフを作り、「大事にしたい人」を自分のすぐ近くに、その周囲にさらに「あまり親しくない人」「ほとんど関係ない人」などを書き込んでみます。

「大事な人」より「関係ない人」がはるかに多くなるのが普通ですが、「あまり親しくない人」「関係ない人」との出費が多くなっていたりしませんか?

八方美人でいることが、時に無駄遣いの原因にもなります。

「いい人だと思われたい」「広く浅く出会いたい」と考えると、ついつい財布の紐が緩くなってしまうのかもしれません。

しかし、大して親交もない人達にお金を使いすぎてしまう事で、幸せに繋がるとは思えません。

 

どんな事にお金を使うと幸せが近づくの?

誰かにお金を使うのであれば、自分に身近な人、先ほどの円状のグラフの「自分の名前に近いところに名前がある人」を優先する方がいいです。

家族を幸せにするためにお金が必要!だと考えるのであれば、なおさら家族や親友などにお金を使うようにしたいですね。

「なかなか会えないけれど、誕生日プレゼントを親友に贈ろう」

「普段なかなかお礼ができないけれど、週末妻(夫)を食事につれて行こう」

こんな事を考えて、誰が不幸であると感じるでしょうか?

あなたはもちろんですが、この対象になった人たちもまた幸せを実感できるひとときが過ごせるはずです。

身近な人が幸せそうにしていると、自分のストレスも減りますし、そのストレス任せに散財してしまうなんて事も減るはず。

毎日じゃなくていいので、ふとした時に大事な人へお金を使うことを意識してみると、同じ「お金を使う」という行為にも幸福感を感じられると思いますよ。

時には自分の為に使うよりも価値を感じる事もあるかもしれませんね。

 

幸せになるためにできる5つのお金の使い方とは

家族を幸せにするにはお金が必要?

では、家族を幸せにするためにお金が必要だ、として「幸福感をより感じられるお金の使い方」というものも確認していきましょう!

その①からはじめて、②以降を意識すると家計の管理がずっと気軽にできると思いますよ。

たった5つのコツを意識するだけで、びっくりするほど充実感や幸せを感じるお金の使い方ができるかもしれません。

 

お金の管理の仕方を変える!

お金で幸せを実感できる為には、まずお金を管理する方法にルールを決めなければいけません。

「家計の管理って難しい!」という方にオススメなのが、お金を6つに分類して管理すること。

口座を6つ作るのもOKですし、単純に6つの封筒を準備するのでもOKです。

  • 必要経費(収入の5割程度)
  • 交遊費(1割)
  • 自己投資用(1割)
  • 長期的な支出用(1割)
  • 長期的な貯蓄用(1割)
  • 短期的な貯蓄用(1割)

なんとなくこんなイメージでわけて見て、毎月予算内で管理していくようにします。

必要経費は家賃や光熱費など生活費、交遊費は趣味や交際費として、自己投資は習い事など、長期支出は急な怪我や病気などに備えた費用として貯蓄に。

そして、長期貯蓄は将来を豊かに過ごすための貯金として、短期貯蓄は冠婚葬祭などの急な出費のため。

こんなイメージで分けて管理すると「どこにどれだけのお金が必要なのか」が明確似鳴りますし、使いすぎの防止にもなります。

トータルで貯蓄の枠が3割も取れるので、急な出費や将来のためにも最適です。

割合はあくまでも目安なので、自分の生活スタイルに合わせて家族で相談して、調整してみてくださいね。

 

遊ぶためのお金を分けて管理する!

先ほどの収入の仕分けのように、最初から遊ぶための資金を分けておくことで、その範囲内であれば存分に遊ぶことができます。

毎月必ず使い切る必要は無いので、例えば数ヶ月に一回まとめて使い切る事もストレスの発散になります。

例えば月に1割も使わなくて貯まる一方だとしても、年に3回くらいの間隔で定期的に「使い切ってしまう」事も大事なポイントです。

遊ぶことは幸せな人生を送るためにも欠かせない事なので、このポイントは忘れないようにします。

家計として管理するのなら、年に3回は近場に旅行するなど、必ず全員で使い切ることを意識するといいですね。

1割はしっかり遊ぶために分けてあること、必要経費は全てよけてあることで、心置きなく予算内で遊べますよ。

 

自己投資は惜しまない!

自己投資は、自分が成長するために欠かせないお金の使い方です。

何歳になろうと、成長しようという気持ちを無くしてしまっては「何のために生きているのか」と目標全体を見失いかねません。

夫が筋トレの為のトレーニング機器を買うもよし、妻が美を保とうと美容室で定期的なメンテナンスをするもよし。

タイミングをずらすなりして、家族全体で「自己投資」するための方法や手段を考えるもの楽しいですよね。

もちろん、家族みんなで英会話教室などに通ったり、スイミングスクールに通ったりするのも楽しい共通の時間になりそうです。

モチベーションを維持するポイントとしては、将来的な事ではなく「今満足できること」をなるべくすることが大事です。

 

貯金額にこだわらない!

貯金額はいくら増えようと満足することはありません。

貯金することが目標になってしまう人生は、出費が気になりすぎてケチな人になってしまいますし、急な出費で心が荒れて幸福感がグーンと減りかねません。

貯金が目的な生活サイクルに陥ってしまうと、100万円を超えようが1000万円を超えようが、金額で満足することはありませんし、お金が貯まることより減る事に過敏になってしまいます。

貯金が減った・増えたと騒ぐのではなく、安定した貯蓄ができるように見直し続ける事を大事にしましょう。

貯金にこだわり過ぎると、家族の行動も束縛してしまったりすることも・・・。

「貯金がこんなに増えた!!」と喜んで通帳を見ているのは、あなただけになっていませんか?

あまり貯金枠が大きくなりすぎないように、長期的な貯金は2割程度で留めるようにしたいですね。

 

後払いはしない!

なるべくカードを使用しないようにすると良いです。

カードは一見便利ですが、後払い=借金であることに変わりません。

カード払い・ローンの返済・分割払いでの購入・・・など、利用すればするほど「借金」は増えていき、気が付いた時には不幸に見舞われているかも。

しかし、光熱費の支払いや定期的な出費に使うには便利な事もありますので、なるべく後回しにならないような状況を作りましょう。

その場合、クレジットカードの引き落とし口座を生活費用の口座と連動させて、必要経費は払い残しがないように、また残高不足などの結果を出さないように心掛けることも大事です。

借金は不幸感を生みますが、完済した時には幸福感があるのも事実。

特に家庭を持っている場合、家族への迷惑をかけることにもなりかねないので、なるべく完済している状況を常に作っておきましょう。

簡単じゃないか、と思われるかもしれませんが、現に2ヶ月・3ヶ月遅れになってしまっている人が「完済」を目指すことは難しいのです。

そうなる前に、きちんと管理して把握していくことが大事ですね。

家族を幸せにするお金を増やすためには?

ここまで、お金の使い方やお金のあり方というものについて考えてきました。

ですがこれはあくまで、最低限のお金があって十分に家計が安定しているからこそ考えられる事です。

もし今ギリギリの生活を強いられていて、「光熱費を払うだけでやっと…。」「子供に新しい靴も買ってあげられない…」という状況の人からみれば贅沢な悩みであるわけですね。

最低限の衣食住が揃ってこそ、幸せを考えるゆとりが生まれると思います。

その衣食住をキープするためにも、よりよい物にするためにも、必要な分のお金は働いて稼がなければなりません。

ただひたすら働いて大金を得たからと言って、家族みんなが幸せだと思えるかというと、上記でも述べてきた通り別の問題と言えるでしょう。

そのボーダーラインはどこにあるのか?についてしっかり意識しながら、仕事とお金のバランスを取っていかなければならないのかもしれません。

 

寝ずに働けば家族は幸せなの?

例えば今よりも収入を増やそうと思えば、スキルを習得するなどして会社の待遇を変えてもらうか、職場を変えるか、仕事を増やすか…という案が浮かぶと思います。

でもどれについても険しい道であることが予想されますよね。

特に仕事を増やすという事をすれば会社にいる時間が長くなり、家族との時間を取る事ができなくなってしまいます。

もし給料がアップしても、会社での仕事に追われ休日返上で働いていたらお子さんと遊ぶ時間も取れませんよね。

それではいくらお金があっても家族の幸せにはつながらないと思います。

職場を変えるといってもうまくいくのか?自分の資格や経験、スキルで今より給料の良い所に転職ができるのか?という不安に襲われますよね。

では家族で使える、幸せに近づくためのお金はどうやれば増えるのでしょうか?

 

自宅でできる副業をするのがおすすめ?

昨今ではPCが1家に1台あっても不思議ではない時代になりましたね。

インターネットを使った事がないという方はもうほとんどいないのではないかと思えるくらい普及しました。

それにより、自宅でPCを使って行うネットビジネスに参入する人も続々と増えています。

特に、初心者でも参入しやすいネットビジネスとして「アフィリエイト」が注目を集めています。

その言葉くらいは聞いた事があるという方も多いかもしれませんね。

アフィリエイトとは、テーマを決めたサイトを開設して、そこに投稿した記事に広告を掲載し、広告の商品が購入された場合に報酬が入るシステムのネットビジネスです。

特に資格や専門知識がなくても取り組める他にも、1日の作業時間が短くて済む事からも副業として人気になっています。

自宅ですき間時間に作業する事ができれば、例えば子供を寝かしつけた後の数時間で月の収入アップにつながるかもしれません。

家族を幸せにするためのお金を稼ぐための仕事なのに、家族と距離が開いてしまっては本末転倒ですよね。

家族と一緒に過ごす時間はとても大切なものですし、話をする団らんの時間はかけがえのない時間です。

それを大事にするためにも自宅でできる副業をして、収入を増やすのは賢い選択の一つと言えると思います!

是非、興味を持たれた方はチャレンジしてみてくださいね。

 

まとめ

家族を幸せにするにはお金が必要?

今回は「家族を幸せにするにはお金が必要?」というテーマでまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

お金がたくさんあれば良い、というわけで無いことは多くの人が実は知っているはず。

一番簡単なのは、「お金はないけれど幸せだ」と言えることかもしれませんが、「お金があればもっと幸せ」であるかもしれません。

貯金が少なくてもいいんです、生活にあった金額を長期間続けて安心感を得ることの方が重要です。

家計の管理が下手だと思うなら、上手にできるようにコツを覚えましょう!

ただ、もしお金がなくて幸せだと思えないという状況であれば、副業も視野に収入を増やす事も検討していきましょう。

「家族が幸せになるためにお金が必要だ」と考える以上、あなただけでなく家族の幸せが大前提でしょう。

時にはサプライズを演出してみることや、家族で過ごす特別な時間の為にお金を使う事で、自分一人ではなく家族みんなの幸せをある意味「買う」事ができるのかもしれません。

今より少し幸せに、今よりもっと幸せになるために、お金の在り方・使い方・稼ぎ方を考え直すだけでも、家族にとっても満足できる生活が待っている事でしょう。

2児のパパが自由になった方法を
メールマガジンで公開中!!


 

(※1)登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
(※2)お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
(※3)いつでもメール内の解除リンクから解除出来ます。