コラムで語る

残業したくない人はわがまま?収入を増やす方法をご紹介

残業したくない人 わがまま 副業で稼ぐ

残業したくない人はわがままではない!と思っているのは私だけでしょうか?

現在は残業をして、残業代で稼ぐより副業で稼ぐ形を取っているケースも多くあります。

そもそも残業が当たり前で、残業しなければいけない国は日本以外にはあまり無いのはご存知ですか?

定時に帰って自宅で過ごしたい
残業のない会社に勤めたい

と考えている人、何とか今の状況を変えたい!と思っている人も多くいる事も最近の周りの声を聞くと、多く聞かれます。

そこで今回は、残業をしないで収入を得たいというわがままを叶える方法について詳しくご紹介をしていきます!

おすすめな副業で稼ぐ方法をご紹介していきますので、最後までしっかりとご覧くださいね!

岡田康平
岡田康平
こんにちは、岡田康平です。

>>岡田康平プロフィール<<

残業したくない人は「わがまま」なのか?

残業したくない人 わがまま 副業で稼ぐ
残業が好きで好きでたまらない!
よ~し、今日も残業目指して頑張るぞ!

…と、思っている人がどれだけいるのか?

むしろ、

定時に仕事を終わらせてやる!!

という方が、意欲的にすら感じる時代になりつつあります。

しかし、残業したくない人を「わがまま」「甘えている」「やる気が無い」と否定する人が少なくないのも事実です。

同期などの仲間内では、残業をしたくないよね~と話しをしていても、上司から指示をされれば断る余地もない。

それが現在の日本の働き方になっています。

そこに背くことは悪い事と、知らないうちに意識の中に根付いてしまっているんですよね。

  • なんで残業をしたくないと思う事が「わがまま」に繋がるのか?
  • 否定はの意見の人はなぜそう思うのか?

見ていきましょう!

 

「残業したくない」には賛否両論がある!否定的な意見とは

残業したくないという考えに、肯定派の人もいれば、否定派の人もいます。

それぞれの意見を参考までに見ていきましょう。

否定派の意見
  • 会社のために貢献するべきだから
  • 気合いと根性が足りない
  • やるのが当然だから

などなど、挙げ始めれば人によって様々な理由が出てきます。

年代にもよると思いますが、「ゆとり世代はこれだから…」という言葉はもう聞き飽きた若い方も多いはず。

上2つの理由は、会社愛があって、仕事にやる気が満々な人という印象を受けますが、最後の1つだけ少々様子が違いますね。

「やるのが当然」というのは暗黙のルールであって、就業規則にはおそらく書かれていないのでは?

しかし、上司に命令をされればやるのが絶対で、やらないと終わらないんだったらやるしかないという考えなのでしょう。

 

肯定派の意見

肯定派の意見
  • 仕事よりも他の事に時間を使いたい
  • 残業代を支払わなければいけなくなる
  • プライベートや家族との時間が無くなる
  • 定時に帰れる人こそ優秀な人材

残業は、したい人だけすれば良い、終わらなかった人だけ残ってやれば良いという意見もありました。

確かに、自分の仕事が終わっていないのに残業をしたくないからと帰宅してしまっていたのでは、翌日の仕事に支障が出てしまいます。

であれば、自分の仕事に責任をもってこなせる事を前提として、定時の作業だけで時間が足りるのであれば残業は必要ないという事でしょう。

 

どちらとも言えない人も

肯定・否定もできないという意見の人もいます。

それは、「上司に言われたら断れない」「誰かが残業していたら自分だけ帰る事ができない」という意見です。

自分の仕事が定時で終わっていても、終わっていない人がいれば手伝う、手伝わなければいけない気持ちになる、という人が多いのではないでしょうか?

良い・悪い という意見ではなく、やらなければならないからやるという、残業をするのが当然となっている働き物の日本人の潜在意識が来るものなのでしょう。

 

なぜ日本は残業が多いのか?

そもそも、日本の正社員の残業時間が多いのは、「だらだら働いているから」といった働き方の問題ではなく、雇われ方に大きな原因があると考えられます。

簡単に言えば、欧米型の雇用では、「あなたの仕事は○○です」と業務内容や責任を明確に定めたうえで人を雇う事が多いです。

つまり「仕事に人をつける」システムを作っているので、仕事が定型化・標準化しやすいので、勤続していくうちに仕事に慣れ、基本労働時間内に終わらせることができる環境が作られています。

一方、日本の場合、業務内容が明確ではないままに雇われている事が多いのも事実です。

つまり、「人に仕事をつける」システムを作る傾向があり、その人になんの仕事をさせるかがその都度変わり、営業だった人が、いきなり管理部門に異動なんてことも普通にありますよね。

また、ある仕事を終わらせても、すぐに上司から「これもやっておいてよ」と、別の仕事を振られ、断れない状況が作り出されます。

それで結果的に、仕事の範囲が無限に広がっていきがちで、そのため時間内に仕事が終わらず残業時間が増加傾向になりがちになります。

 

昨今では減少傾向に傾きつつある?

厚生労働省の調査によると、日本の労働者の年間の総実労働時間そのものは、平成2年には2000時間を超えていましたが、現在では1700時間台にまで減っていると言います。

昔は、確かに「過労死」という言葉が一般的になるほど、半強制的な労働を強いられていた時代がありました。

平成2年の頃に部下としてバリバリ残業していた人が今では上司となっている場合も多く、その人に対して残業したくないなんて言ったら「私の時代は…」と言われかねませんね。

今でも残業をたくさんされている人もまだ多くいますが、世間全体を通して、その傾向は減少傾向になってきています。

また、最近、「働き方改革」が盛んに言われるようになっていて、長時間労働の是正についても議論されていたりしますね。

ただ、現段階では法律でどうにかするという事ではなく、人々の意識改革や工夫に委ね、会社ごとの取り組みとして企業に丸投げしている印象があるので、どこまで改定されるのかは不透明です。

残業をする事が当たり前という意識から変わっていくためには、この先数年・数十年を要する可能性もありますが、これからも徐々に減っていくと私は思います。

 

「残業したくない」は尊重されるべき!?

現在、偉くなって役職を与えられてバリバリ働いている人達は、残業をたくさんして上司の言う事は絶対という環境で成長してきた世代の人達です。

しかし、時代は変わりつつあることが、厚生労働省の調査により明白になってきていますね。

残業をしたくないというのは、一見「わがまま」や「甘えている」、「やる気がない」ように見られてしまいがちですが、定時までにやるべき事を終える事や休日はしっかりと休む事、夜はプライベートの時間を大切にすることも生きていく上では重要だと思います。

充実した生活を送るためにも、残業は必要最低限、むしろ残業が必要ない環境をみんなで意識して発信して作り上げていく事が重要だと思います。

 

残業したくない人が「収入を増やしたい」はわがまま?

残業したくない人 わがまま 副業で稼ぐ

残業をしない社会が理想という方はとても多いのですが、そうなると今よりも収入が減ってしまう可能性がありますよね。

例えば月の収入が固定給の方の場合、収入を増やす方法として残業をしていたという方もいるのではないでしょうか。

残業が無くなることで収入が減り、手放しでは喜べないという場合は、どうやって収入を増やせば良いのでしょうか?

収入を増やしたら生活がどう変わるのか?そのためにはどんな手段を選べば良いのか?について見ていきましょう。

 

収入が増えたら人生が豊かになる!

収入が増えるという事は、「人生が豊かになる」という事だと考えます。

例えば休日に趣味に没頭したり、行きたい場所へ行き、好きな物を食べる事ができますよね。

それにより自分だけではなく、一緒に行った恋人や友人、家族との楽しい思い出が増えていきます。

そして、楽しい事があると気分が一新され、また次の目標に向かって頑張ろうという気持ちにしてくれますよね。

それにより、これまで面倒だと思っていた仕事も頑張れる力になったりもするものです。

お金が無いから不幸せ、とは一概には言い切れないと思いますが、収入が増える事で、何をしようか?という選択肢が増えます。

そのお金で新たな資格をとって仕事を有利に進められるようになれば、さらに高見を目指せるでしょうし、新たな挑戦を始めるのも良いと思います。

言い出したらキリがないほどに、収入が増えるという事は、人生にハリを与えてくれる、豊かにしてくれる存在である事は間違いないですね。

 

残業以外で収入を増やす方法は?

残業をせずに、今と同じくらい、もしくは今以上に収入を得る事はできるのでしょうか?

その方法についていくつか案を挙げていきたいと思います!

あなたでもできそうな物はあるか?と考えながらご覧になってみてくださいね。

 

「資格給」が付く資格を取る

まず今の仕事を続けながら収入を増やす方法として考えられるのが「出世」です。

とは言え、現在も上司の方がいるように定年退職するまでそのポストは開かないかもしれませんよね。

今のうちからできる事として、現在勤めている会社で仕事を有利に進められる「資格」があるのであれば、取得したら良いかもしれません。

会社により、資格を持っている事で固定給に手当がつく場合がありますよね。

その職種や資格により金額や優遇については異なってくると思いますので、現在勤めている会社の制度について調べてみてはいかがでしょうか。

ただ、資格を取得するとなると、努力も必要になりますし、具体的に言えば、勉強するための時間や参考書などの費用も必要になりますよね。

心して挑んで努力して、1度で合格できるように取り組むのが一番の近道と言えるでしょう。

 

転職をする

固定給・基本給が多い会社に転職をするという方法についても検討してみました。

例えば、これまで勤めていた会社である程度の実績があったとしたら、他の会社でも採用試験を有利に進める事ができるかもしれません。

そこでもし、今よりも給料が多い所があれば転職も良いかもしれませんね。

ただ、これまで築き上げてきた地位や人間関係を捨てて、環境を全て変えてしまう事になるので、少し不安もありますよね。

新しい環境になれる努力も必要になりますし、新しく知り合った人達とお互いの事を理解するところから始めなければなりませんので、労力が必要となる事は覚悟しておかなければなりません。

 

投資・ギャンブル

投資やギャンブルは、他の収入を0から稼ぐものとは違い、最初に手持ちのお金を投資して増やす方法になりますね。

「ギャンブルで家は建たない」と言う言葉を聞いた事がありますが、一時的に数万円なら増やす事に成功するかもしれません。

特に、投資をしっかりと勉強してから取り組めば、それだけで生計を立てていけるほどになっている人もいるようですよね。

ただ、誰もが口をそろえて言うのが「投資は難しい」という事です。

しかも、例えば株やFXなどの投資でお金を増やそうと思った場合、最初にそれなりの出資額が必要となる可能性がありますよね。

失敗してしまうと損するリスクもある事を考えると、あまりオススメはできません。

ただこれまでの仕事柄などで、株などの投資の知識があるという方はチャレンジができる可能性はあると思います。

 

副業をする

副業というと、残業とほぼ変わらないイメージがある方もいるかもしれませんね。

しかし、例えば資格を取ったり、出世をして収入を増やす場合には時間がかかりますよね。

出世となれば数年単位の時間が必要となるかもしれません。

最近は実力主義だという会社も増えてきて、20代や30代の管理職や役員も珍しくなくなりましたが、それでもまだまだ年功序列です。

その結果、上のポストが埋まっているからと、出世を待たされている人も大勢いますよね。

しかも今では雇用を70歳まで伸ばそうという議論までされていますし、待ちくたびれてしまうかもしれません。

そんな時間のかかる出世とはちがい、短期間で収入を増やせる可能性があるのが副業です。

他にもメリットはたくさんありますので、副業については下記でもう少し詳しくご紹介していきます!

 

残業したくない人がわがままを叶えるには副業で稼ぐのが最適?

残業したくない人 わがまま 副業で稼ぐ

「残業したくないけど収入を増やしたい」というわがままな人にこそオススメなのが『副業』です。

ここではその理由についてみていきましょう。

まず副業の概念ですが、決して本業の仕事が終わった後にアルバイトをするわけではありません。

そうなれば残業と変わらない、むしろ残業よりも移動などが必要になり低時給で働く事になりかねません。

ここで言う副業は「自宅でできるネットビジネス」です。

今や、一家に1台はパソコンがある時代に突入していますよね。

そのパソコンを使って自宅で簡単な副業に取り組む事ができれば、自宅にいながら収入を増やすことに成功できるかもしれません。

では、自宅で副業に取り組む事がなぜオススメなのか?メリットからご紹介していきます。

 

在宅ワーク・副業のメリットは?

在宅ワークはやった事が無いという方がほとんどだと思います。

ですが、稼げるやり方で副業として取り組めば、残業をするよりも稼げる可能性だってあるんです。

苦しい残業に耐えるよりも、副業の知識を身につけておくことで将来的にも役立つ可能性がありますよ!

 

自宅で家族との時間が過ごせる

下記でご紹介するオススメの副業は、自宅にあるパソコン1台で作業する事ができます。

そのため、会社の仕事を定時で終えて真っすぐ帰宅すれば、家族みんなで夕食の時間を過ごす事ができます。

夕食後、お風呂に入って一息ついたら、数時間作業をすれば良いのが副業です。

これなら、「毎日残業続きで、最近子供の寝顔しか見ていない」というドラマのような展開も無くなります。

それまで終電でウトウトしながら帰宅していた方も規則正しい生活が送れるようになるかもしれませんね。

 

残業よりも稼げる可能性がある

しっかりと残業代が支給される会社であったとしても、それほど残業代は高額ではありませんよね。

日給を時給に換算した金額に少々割り増しされた程度の金額しか支払われていない会社が多いと思います。

毎日クタクタになるまで頑張って残業して、その苦労に見合っただけの残業代が稼げているか?というと満足している人は少ないかもしれません。

しかし、副業はやればやった分収入に反映されるといっても過言ではありません。

実際に副業で始めたネットビジネスで数十万円稼いでいる方もいらっしゃいます。

数ヵ月後には、残業代よりも多い金額を副業で稼げるようになっているかもしれませんよ。

 

自分のペースが守られる

副業で収入を増やしていくためにはコツコツと作業を続けて行かなければいけません。

これが続けて行く上で一番難しい部分ではあるのですが、会社と違うのは、人に迷惑をかける事が無いという事です。

例えば今日は疲れているからと休んでしまっては、会社に迷惑をかけてしまいますし、無理してでも業務をこなさなければなりませんよね。

しかし、副業は誰に怒られる事もありませんので、もしもどうしても作業ができないという時は1日お休みしても誰にも気を遣う事がありません。

もちろん毎日コツコツと作業する事が稼げる1番の方法なのですが、ストレスや疲労が溜まって体を壊してしまっては元も子もありませんよね。

そんな時に、自分のペースで続ける事ができるので、忙しい人にも副業はとてもオススメですよ。

 

収入を増やしたい人にオススメな副業とは?

ここまで副業のメリットをご紹介してきましたが、では一体何をすれば良いのか?というと、オススメなのは『アフィリエイト』です。

アフィリエイトをご存知ない方もいるかもしれませんので、簡単に説明しますと、「ブログを作って、広告を掲載して、広告の商品が購入された報酬が得られる」という仕組みのネットビジネスになります。

サイトを作るなんてやった事が無い!という方や、ネットビジネスに馴染みが無い!という方には難しく感じられるかもしれませんね。

ただ、アフィリエイトはネットビジネスや副業初心者の方の登竜門的な存在にもなっていて、比較的参入しやすいネットビジネスとなっています。

アフィリエイトであれば、やればやった分だけ稼げる可能性を秘めていますし、努力を続ければ確実に稼げるといっても過言ではありません。

当サイトではアフィリエイトのやり方や仕組みについてご紹介していますので、興味がある方は是非ご覧になってみてください!

 

「残業したくない」わがままな人にはアフィリエイトは向いている!

在宅ワークを副業として取り組むのであれば、会社に拘束されるわけでもありませんし、他人の気を遣う事も無く続けて行く事ができます。

アフィリエイトで収入を増やすために必要となるのは、

  • 文章を書く能力
  • コツコツと努力をする
  • 稼げるまで続ける

という事です。

文章を書く能力は最初は誰も自信がないと思いますが、嫌いでなければ大丈夫です!

やっていくうちにスキルも身に付きますし、どんどん慣れていきますよ。

後は続ける事が何よりも大切になっていきますので、コツコツと作業を続けて稼げるようになるまで諦めない気持ちがあれば、誰にでも取り組めるネットビジネスです。

残業をしたくない、いずれは会社から脱却したい、働きたくない、そんな事を考えている人にこそアフィリエイトはオススメな職業と言えます。

実際にアフィリエイトで生計を立てられるようになってから脱サラしている人もいますし、ひょっとしたら会社を辞められる日が来るかもしれません。

今は「そんなウマい話あるはずない」と思っているかもしれませんが、まずは最初の1歩を踏み出してみなければ状況は変わりませんよ!

是非アフィリエイトってどんなネットビジネスなのか?を知る所から始めて、実際にチャレンジしてみてくださいね!

 

まとめ

残業したくない人 わがまま 副業で稼ぐ

今回は、残業したくない人のわがままを叶える、副業で稼ぐ方法についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

実際に私自身、脱サラしましたが、生活は180度変わりました!

もちろん稼げるようになるまでかなりの努力をしましたが、やればやった分だけ収入が増えたり成果が目に見えるので、やりがいを感じたり、楽しいと感じられるようになっていましたね。

現在やりたくもない残業で苦しんでいる人にこそ、副業で稼ぐという方法をオススメしたいですね!

そのためには行動力や努力が必要になりますが、やる気があれば誰でもチャレンジが可能です。

今の状況を良くしたいと思っている方は、是非副業に挑戦してみてくださいね!

2児のパパが自由になった方法を
メールマガジンで公開中!!


 

(※1)登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
(※2)お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
(※3)いつでもメール内の解除リンクから解除出来ます。