アドセンス審査の期間の目安は?記事数・文字数の目安も詳しく解説!

今回は、アドセンスの審査にかかる期間の目安や記事数・文字数について、「何回も落ちた」という方に、私がクライアントに実践に説明しているポイントについて詳しくご説明していきます。

アドセンスでブログで収益を上げたい!と思ったらまず、アドセンスの審査に申請して合格しなければなりません。

審査というのは、Googleアドセンス広告を掲載するのにふさわしいブログ(サイト)なのか?についてをGoogleに吟味されているわけです。

実際の合格するための重要事項というのは公にされていませんが、受かるコツというのは存在します。

というのも、私がクライアントに言っている事で、1発で合格しているやり方があります。

そこで今回は、Googleアドセンスの審査の期間や必要な準備、記事数・文字数について詳しくお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧ください。

岡田康平

岡田康平
こんにちは、岡田康平です。

▼2児のパパが自由になった方法▼

▲その秘密をメルマガで公開中▲

アドセンスの審査の期間の目安は?どのぐらい掛かるの?

アドセンスの審査結果を待つ期間は、途中経過の報告がないので、「どうなっているのか?」と気になる方もいる事でしょう。

審査基準自体明らかにされていない事もあり、


何かやり方を間違っていたのか?

どこかダメな箇所があったのか?

という事が頭をよぎり、あなたも心配する事が尽きなくなったりしていませんか?

審査期間に関しても、「何日までに合否連絡をします」と言ったアルバイトの面接のような決まりは一切ないのがアドセンス審査。

人によっては1日・2日で連絡が来たという人もいます。

しかし、3週間以上、1ヶ月掛かったという人もいます。

その差は何なのか?と言われると、Googleのみぞ知る、という事ですね。

 

人によっては3週間以上掛かっている人もたくさんいる!

数週間連絡がこないと不安になっている方もいるかもしれませんが、3週間以上の日数が掛かった事例があるのは念頭に置いておきましょう。

アドセンスの審査は申請時期により、審査の内容は異なっているように感じ、それにより難易度も変わっていたりもします。

あまりに日数が掛かると「混んでいるのかな?」と思いますが、先着順に審査をしているわけではありません。

そのため、例えば知り合いの方が遅く申請したのに、自分より早く結果が来た、という事もあります。

この場合にも、数週間かかる可能性があると自分に言い聞かせ、どっしりと構えて結果を待ちましょう。

岡田康平

岡田康平
1ヶ月以上経って連絡がない場合は、グーグルに問い合わせてもいいとは思いますが、1週間・2週間ではまだ先走らずに焦らなくても全然大丈夫です。

気にせずに、これからのブログ(サイト)運営するための記事を作成していった方がいいですよ。

アドセンス審査は結果が来なければ何もできないので、見て見ぬふりをして先を見据えて行動していきましょう!

 

審査期間を早める裏技はあるの?

例えば「催促をする」などの手段で、審査を早めてもらう事はできるか?

結論はNOです。

審査が早く終わるように工夫しようと思うと、

  • 「アクセスが多いサイトが優先される」
  • 「何百ページもあるサイトは審査に時間がかかる」

という噂があるのでそれを実行するくらいの案しか浮かびませんが、それでさえ本当なのかは分かりません。

むしろページ数に関しては、内容が少ないサイトと判断された場合審査に通らない可能性がありますので、そのボーダーラインは自分で判断するのは難しいですよね。

ただこれだけは言える!という審査を早く終わらせる方法は、「1発合格を目指す」という事。

例えば合否連絡までに2週間掛かったとして、もし不合格だった場合、そこからまた改善点を修正して再申請するとなるとさらに日数が掛かってしまいますからね。

早くアドセンス広告を利用して収益を発生させたい!という人は、まずは冷静に確実に、私の受かるコツの記事を見て1発合格を狙いましょう!

 

合格通知は必ず来る!

数週間メールがこないとなると、「落ちた…?」と不安になってしまう方もいると思います。

ただ、アドセンスの審査は、万が一不合格であった場合でもメールで不合格の通知が届きます。

時間がかかったとしても必ず合否どちらかの連絡は来る仕組みとなっていますので、まずその連絡が届くまでは落ち着いて待ちましょう。

審査期間中もサイト構築は続けてくださいね。

記事の作成などを中断してしまうと、更新されないサイトと判断されて結果的に不合格になってしまう可能性があります。

何かの不具合でメールの通知が来ない場合もごくまれにあるようですがその場合、GoogleAdSense(アドセンス)のホームページにログインすると審査状況を確認することができます。

ただしこちらの確認フォームを利用するのは審査開始から2週間以上経ってからがよいと思います。

あまり早い段階でメールを送ってしまうのは、失礼にあたる可能性があるのでご注意くださいね。

岡田康平

岡田康平
落ちてしまったとしても。諦めずに修正してもう1度投稿してくださいね。

簡単に諦めないくせ・落ち込まないくせをつけていきましょう!

小さな事でメンタルを左右されていてはこの先持たないですよ。

副業をやるという事は、あなたは社長なんですから!

 

アドセンス審査に合格するための記事数・文字数はどのくらい必要なの?

アドセンス 審査 期間 記事数

アドセンスの審査期間同様、記事数・文字数についても明確な決まりはありません。

1サイトに30~50記事必要という噂がありますが、これもあくまでも噂です。

それだけの件数を作成していても不合格になった人もいますし、逆に10件程度で申請して合格になった人もいます。

審査基準が分からないため一概には言えませんが、ある程度記事を作ってから審査を申請する方が合格する可能性は高いのではないか?と考えられています。

ではこれまでにアドセンス審査に通過した人は何記事くらい準備したのか?!

2018年の審査状況を踏まえ、詳しく解説していきます。

 

2018年の目安は10記事前後!

審査基準は毎年、毎月更新されていて難易度も変わっています。

少し前までは、「30件以上が必ず必要!」などと言っているサイトも多かったのですが、私自身、2018年にクライアントの状況を見ると、10件前後でも合格する事は可能です。

私がクライアントに初め説明しているやり方は、10記事作成して審査の申請をして、審査中にも3日に1記事ペースくらいで更新を続けて、審査結果を待つ形です。

最近では、6記事で合格したなんて話も聞くので、しっかりとした記事が作れればより少ない記事数で合格できるというわけです。

リスクヘッジさえしっかりとやっておけば、そこまで難しいものではないので、最後に受かるためのコツもご説明していますので、是非そちらも参考にして下さい。

 

1記事の文字数は約1500文字ぐらいが目安!

1記事の文字数も少し意識するようにしていきましょう。

例えば、1記事200文字の記事が20記事あるサイトと、1000文字の記事が20記事あるサイトがあるとしたら、同じ記事数でも情報量は単純に計算して5倍ですよね。

Googleは、“ユーザーに有益なサイトを求めている”という前提から考えると知りたい情報はたくさん書かれているに越した事はありません。

1記事の文字数の目安は1500文字~2000文字程度と考えましょう。

詳しく書いていくと簡単にクリアできる文字数かと思います!

見る人に分かりやすくて知りたい情報が書かれている記事を作成するように心がけてみてくださいね。

岡田康平

岡田康平
あなたの考え・思いなどをしっかりと書くようにして下さいね。

また、コピペコンテンツは厳禁ですよ、注意してくださいね。

 

▼2児のパパが自由になった方法▼

▲その秘密をメルマガで公開中▲

アドセンスの審査期間中の過ごし方・注意点!スムーズに通過する方法・コツも解説

アドセンス 審査 期間 記事数

ではアドセンスの審査に申請した後、どう過ごしたら良いのか?についてご紹介していきます。

申請をしたら終わり、ではありませんね。

申請をして審査に通った後がスタートとなりますので、いざスタートした後の事を考えて準備をしていく必要があります。

さらに、申請中にもサイトをチェックされている事を考えて、更新を続けた方が有利だと言えます。

あまりにも更新が止まっていると、新しい情報が追加されないサイトという判断をされてしまうかもしれませんので。

その際に、審査期間中の過ごし方について、注意点・しておくべき作業についてまとめましたので、是非ご活用ください。

 

広告欄はクリックしない!

アドセンス審査はもう2回に分かれた審査形態はなくなり、1発の審査になっています。

だから、アドセンス審査を申請したら、実際にアドセンスコードを貼り付ける流れになります。

しかしこの時貼り付けた箇所は空欄になり、「広告コードを貼り付けたのに表示されてない!」と思ってしまった方もいたのでは?!

これは、アドセンス審査期間中の場合はエラーではないので、注意してください。

審査を受けている状態という認識で大丈夫です。

この時注意が必要なのが、その空白の枠をクリックしてしまう行為は絶対に避けましょう、というか辞めましょう。

このコード枠を何度もクリックしている事そのものが悪質な行為として審査を落とされる事もあります。

正しく貼り付けられているのか、なぜ表示されないのか!と気になるからクリックしてしまうという方もいるかもしれませんが、注意してくださいね。

審査に通過してアドセンスの承認が降りると空白の部分に広告が表示されるようになりますので、気長に待ちましょう!

 

できるだけ記事は更新をするように!

アドセンス 審査 期間 記事数

上記でもご紹介しましたが、アドセンス審査中は触らずに放置が一番だ!と、更新をせずにほったらかしにするのは良くありません。

アドセンス審査期間中であっても、記事作成をしっかりと行い、投稿していきましょう。

記事作成をコツコツと行っていく習慣ってとても大切で、コツコツと積み重ねていく事によって、

  • タイピング速度を上がる
  • 見出し等を使いこなせるようになる
  • 文字数を稼ぐ事を意識して長めの記事を書けるようになる

などのスキルが、経験を経て身に着いてきます。

こういったスキル無しではブログで稼ぎ続ける事は非常に難しくなります。

だからこそ、将来的にブログで安定的に稼ぐ事が目標であれば、コツコツと記事作成を行い、スキルを高めていく必要があるという事です。

岡田康平

岡田康平
スキルを高めていく上で、地道な努力と言うものはとても大切になります。

努力を通して、インプットした知識を自分のものに落とし込めるのです。

サッカーボールの蹴り方を教わっても、蹴ってみないと分からないのと一緒です。

上手く蹴れるようになるには、それなりの練習量が必要ですよね。

感覚的に、インプットした事をアウトプットできるまで繰り返し続ける。

これが、泥臭いかもしれませんが、実は大事なんですよね。

つまり、記事を書く=アウトプットをどんどんしていく習慣をつけましょうね

 

外部SEOの貼り付けは審査終了後に!

アドセンス審査を受けるまでも少しでも収益を上げたいと、ASP案件の広告タグや内部リンクや外部リンク(Twitter・Facebook)などをやってみしまう方もいるかもしれませんが、アドセンス審査が終了するまではこういうのは一切やらない方がいいです。

審査項目が不明確なため、余計な事はしない方が良いという事。

リスクヘッジですね!

画像も著作権・肖像権などのリスクがありますし、だからこそ、文字のみ、引用無しのオリジナルの記事をオススメしているのもこれを踏まえた戦略になります。

アドセンス審査は、文字のみの記事で十分通過します。

文字の装飾すら必要ありません。

むしろ、見出し設定のみで十分です。

最大限、リスクを減らして、アドセンス審査に申請するようにしていきましょうね。

 

『アドセンス審査 期間 目安 記事数 文字数』まとめ

今回は、アドセンスの審査にかかる期間の目安や記事数・文字数について、「何回も落ちた」という方に、私がクライアントに実践に説明しているポイントについて詳しくご紹介してきました。

思い立ってすぐ始める事ができればそれ以上に楽な事はありませんが、Googleだからこそしっかりと品質にもこだわっています。

確かに広告を出す人の立場になって考えると、悪質なブログ(サイト)に掲載されたくはないですし、審査は必要ですよね。

あなたも、審査が終わるまでは気持ち的に落ち着かない期間が続くと思いますが、上記でもご説明した通り、必ず合否の連絡は来ます。

意識するべきことは、審査期間もブログ(サイト)を充実させるために記事を入れ続け事。

気持ち的には余裕はないかもしれませんが、前向きに更新を続けてみてくださいね。

2児のパパが自由を手に入れた方法を メールマガジンで公開中!