特化型ブログはペルソナ設定をした記事の書き方がおすすめ

特化型ブログ 具体例 記事の書き方

今回は、特化型ブログのペルソナ設定をした記事の書き方について詳しく解説していきます。

特化型ブログを作る際は、まずはテーマ・ジャンル設定をして、それに基づいてキーワード選定を行っていくのが一般的な流れになります。

今回解説していくのはその後の流れです。

つまり、

  • 検索意図を考える
  • 見出し作成(構成)
  • 本文作成
  • 冒頭文・まとめの作成
  • タイトル設定

を中心にやり方・コツを交えながら解説していきます。

アフィリエイトを始めたのはいいけど、実際に初めて記事を書こうと思ったらどう書いていけばいいのか?何を意識していけばいいのか?と悩んでいる方も多いのでは?!

ちなみに、あなたがコツコツ作成する記事の質によって、今後のあなたの特化型ブログの収益やアクセス数にも大きく影響していきます。

だからこそ、ここである程度注意すべき点、意識すべき点について学んで、是非あなたの特化型ブログにアウトプットしてってくださいね。

岡田康平

岡田康平
こんにちは、岡田康平です。

なぜ私が在宅ワークで、家族全員が楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、是非見ていってくださいね。

あなたに読んで欲しいオススメ記事

▼2児のパパが自由になった方法▼

▲その秘密をメルマガで公開中▲

特化型ブログで記事を書くまでの全体的な流れ・コツ

今回は、特化型ブログを作っていく全体的な流れとしては、

  1. キーワード選定
  2. 検索意図を考える
  3. 見出し作成(構成)
  4. 本文作成
  5. 冒頭文・まとめの作成
  6. タイトル設定
  7. アドセンス広告(ASP広告)の挿入

になります。

 

キーワード選定はYahoo!虫眼鏡キーワード以外も攻めるべき!

特化型ブログも同様、トレンドアフィリエイトブログのキーワード選定同様にYahoo!虫眼鏡キーワードを攻めるのはもちろんの事。

4語以上キーワードがあればどんどん入れるべきです。

しかし、実際はそんな需要の強いキーワードがないというのが実情です。

そういった時は、それ以外のキーワードも攻めていく必要があります。

岡田康平

岡田康平
それ以外って何???と思いました?

関連キーワードやサジェストキーワードですね。

これに関しては、関連キーワードツールで検索できます。

>>関連キーワード検索ツール

これらのキーワードも交えて、キーワードを固めて色々な記事を書いていくのが必勝パターンになります。

やっぱりキーワード選定をする上で、大事な事は

点で狙わずに面で狙う!

これが上位表示を確実に狙っていくにはとても大事だったりします。

面で狙う事で、サイト全体がライバルサイトよりもより専門性の高い、より網羅性の高いブログ(サイト)が出来上がり、グーグルからの評価が高くなるというわけです。

 

アドセンス広告のオススメの挿入位置は?

アドセンス ブログ 稼げない 稼ぐ やり方

H2タグ・H3タグの数も変わる部分ももちろんありますが、アドセンスの配置は上記の画像のような形がオススメです。

設置数は、5000文字でアドセンス広告は3枚、10000文字でアドセン広告4枚がオススメです。

記事の最後はクリック率が高いため、絶対にアドセンス広告を配置すべき場所になります。

アドセンスを横に並べて2つ配置したりする人もいますが、私は1つだけの配置でも収益性が著しく落ちるという事は感じないので、1つで十分と言えるでしょう。

 

レクタングル大・中はどっちがオススメ?!

レクタングル広告の場合、選べる広告のスタイルが下記になります。

  • レクタングル大:336×280
  • レクタングル中:300×250

言える事は、アドセンス広告は「レクタングル(大)」のサイズタイプが一番クリック率が高いです。

同じ「レクタングル」タイプよりも「レクタングル(大)」の方が、若干大きいためにワンクリック当たりの広告単価が高くなるとも言われています。

ちなみに、サイドバーの一番上の広告は一見すると読者がページを見た場合に、一番に目に飛び込むように思えますが、クリック率はそこまで高くありません。

というのも、最近のユーザーの使用している端末は主に、スマホです。

スマホで見ると、サイドバーは1番下に表示されますもんね。

実際にあなたもインターネットで何か記事を読んでいて、記事の下のそこまで辿り着かないですよね。

それを踏まえても、やっぱりサイドバーはあまり望ましくないと言えます。

 

特化型ブログのペルソナ設定をした記事の書き方・手順

特化型ブログ 具体例 記事の書き方

特化型ブログを構築する中で「なかなか記事を書く手が進まない」という方もいるのでは?!

特化型ブログの記事の書き方はそんな難しくはなく、トレンドアフィリエイトブログを書いていた人は同じような流れで書いていけばいいのです。

しかし、この特化型ブログが初めてという方いると思うので、今回はキーワード選定を終えている事を想定して、その先を具体的に解説していきます。

 

①キーワードからユーザーの検索意図を考える

まずやるべき事は、その選んだキーワードの検索意図を考えます。

検索意図はインテントともいいます。

ちなみに、検索意図とは、ユーザーがどのような”状況”で”何を知りたい”と思っているのか?その検索キーワードの裏側にあるユーザーのキモチや感情、意志の事です。

つまり、あなたが書いた記事を読んでもらいたいペルソナを想像して、その人を助ける気持ちで役立つ記事作りをしていけばいいのです。

たとえば、商標をキーワード選定していたとして、

  • 商品の何を知りたいのか?
  • 他の商品の比較をしたいのか?
  • 商品の最安値を知りたいのか?
  • 商品の副作用が知りたいのか?

あなたが選んだ4語キーワードまたは3語キーワードの検索意図がどれなのか?によって記事内容も全然変わってきます。

ライバルに負けない記事作りだけを目指していると、この検索意図へのフォーカスはぼけてしまいがちになります

何のために、グーグルの検索結果に記事を表示させているのかという本質が見えなくなってきてしまうんですよね。

岡田康平

岡田康平
本質は、検索ユーザーを助ける事です!

もちろんライバルに負けない濃い内容を意識するのも大切です。

しかし、ユーザーに役立つ記事、あなたが選定したキーワードにたどり着くユーザーの事を考えながら検索意図を見つけていく事が現在グーグルが求めている事であったりもしますし、今後求められてくるものになってきます。

ただそんな難しい事ではなく、単純に「ユーザーの気持ちを考える!」これだけです。

 

ユーザーが目次を見て興味をそそる見出し設定を行う

検索意図がある程度見れたら、次は記事の構成を考えていきます。

構成は、見出し2(h2)を用いてまずは骨組みを作ります。

キーワードを調べるユーザーに対する「Answer」からのそれに関するユーザーに役立つ情報を書いていく流れが一般的です。

もちろん見出し2(h2)だけでなく、見出し3(h3)・見出し4(h4)を使っていく事でより読みやすくなり、ユーザーがストレスなく読む事もできるようになります。

コツとしては、見出し2(h2)は疑問形でユーザーに投げかける形がオススメです。

見出し3(h3)は見出し4(h4)は疑問形でも肯定形でも構いません。

1番良いのは、目次をユーザーが見た時に、一目でこの記事にどういった事が書いてあるのか把握できるのがベストです。

もちろんユーザーの知りたい「Answer」が目次を見て、どこに載っているのか分かる事も重要です。

見出し2にはなるべくキーワードを含むようにしていくようにしていきましょう。

 

ユーザーにストレスを与えない、読みやすい本文を!

まず、読みやすい文章は意識していきましょう。

  • 「。」「、」で改行する
  • 説明に画像が必要だったり画像を用いる
  • 文章が長い箇所は画像を挿入する
  • 文字を強調したり、装飾する

こうした一工夫がユーザーの読みやすさに繋がってきます。

また、文章を書く際はユーザーに投げかけるように、話すように書いた文章を書く事によって分かりやすい、言いたい事が伝わりやすい文章になってきます。

要は、独り言ではなく、話し掛け、伝えてあげる意識ですね。

岡田康平

岡田康平
また、このように吹き出しを用いたりするのもオススメです。

文章にメリハリがつきますからね。

こういった小さな工夫を積み重ねる事で、ブログ(サイト)への滞在時間・離脱率の低下などが良い方向に向かっていき、ブログ(サイト)価値が上がっていきます。

 

誰が読んでも分かる分かりやすい文章を!

特化型ブログ 具体例 記事の書き方

文章を書く際に分かりにくい言葉を使用する場合は、補足として説明を入れたりしましょう。

何より、オリジナルの文章をしっかりと自分の言葉で書いていきましょうね。

というのも、その方がグーグルの検索エンジンからの評価が高いからです。

つまり、単なる事実や情報だけでなく、自分の見解・考察・感想を織り交ぜる事が大事なんですよね。

自分の見解・考察・感想に自信がないという方もいるかとは思いますが、そういったあなたのフィルターを通した見解・考察などのオリジナリティに価値があるのをお忘れずに!

岡田康平

岡田康平
人の見解・考察・感想はユーザーがめちゃめちゃしっかりと読むって知ってました?

あなたも実際に気になる事を調べた時にそうなのではないですか?

やっぱり日本は口コミ大国なので人のそういうのが気になるんですよね。

つまり、ブログ(サイト)への滞在時間を伸ばすためにも、そういった自分の見解・考察・感想をしっかりと書くことは重要なんですよね。

ベストは、自分の見解・考察・感想にプラスアルファの情報があったらもう申し分ないです。

最高です!

 

導入文でユーザーの心を鷲掴みに!

導入文とまとめのどっちが大事かと言うと、「導入文」とても大事です。

というのも、ユーザーのあなたのブログ(サイト)への第一印象がこれで決まります。

このサイト分かりづらいなと思われてしまう可能性だってありますし、読みにくいから他のブログ(サイト)に行こう!なんて思われてしまう可能性だってあります。

やっぱりここでは、ユーザーの検索する心理状況に共感しつつ、ユーザーに「あなたの悩みを解決する答えがここにあるんだよ!」と伝えていく事を意識していきましょうね。

岡田康平

岡田康平
ユーザーがスクロールしたくなるような文章を目指しましょう!

ここで、ユーザーが「このブログ(サイト)で悩みを解決するぞ」って思わせたら勝ちです。

そういうのを考えると、「導入文・目次」ってとても大切なんですよね。

具体的には、記事内容のサマリー(要約)を書いたり、結論を先に書いておくと、ユーザーもその先に続く詳細を読みたくなる傾向があるので是非ご活用下さい。

 

タイトル設定は約32文字以内というのは気にする必要がない?

気にしなくて良いという事はありません。

クレジットカードのサイトで有名な『クレジットカードの読みもの』というサイトはタイトルの文字数が大体70文字程度に設定したりしますが、これはドメインが強いサイトがやっているから、成り立っています。

ドメインが弱いブログ(サイト)が同じような事をやっては結果が出るまでの期間がとても遅くなります。

ましてや、70文字程度でタイトル設定すると、検索画面で表示されても、ユーザーは何がこの記事に書いてあるのか?すぐに分かりません。

岡田康平

岡田康平
基本、記事は検索ユーザーのために作る必要があります。

なので、ユーザービリティという観点は常に意識していく必要があります。

また、SEOでキーワードを強調してタイトル設定する事で、狙いたい検索結果に表示させたいのに、他の単語を多く含んではグーグルもあなたがSEOで何を狙いたいのか?分からなくなってしまいます。

あなたが狙いたいSEOのキーワードのフォーカスがぼけてしまうというわけです。

つまり、これらを踏まえてタイトル設定の際はSEOで狙いたいキーワードは左詰め・タイトル設定は32文字程度はやっていく事が望ましいといえます。

 

ブログで稼ぎたい!何記事まで投稿していくべきなの?

初めて特化型ブログを作る方は、300記事ぐらいは作成し投稿していくべきですね。

というのも、やっぱり特化型ブログの結構な経験者であればそこまで入れる必要はないのですが、初心者の方は

  • どのキーワードでアクセスが来るのか?
  • どのキーワードが物販が成約しやすいのか?
  • どのキーワードがライバルサイトが弱くて上位表示しやすいのか?

といった事が一切分からないのでそれを把握するためにもそのぐらいは必要だといえます。

ちなみに、把握・分析する手段としては、

  • グーグルアナリティクス
  • サーチコンソール
  • ASPのリファラ

などを活用してくださいね。

また、ブログ(サイト)のドメイン力がついてきたなと確実に実感するのが私の目安としては、

  • 記事数:150~300記事程
  • ブログ(サイト)運営期間:3ヶ月

です。

だから、どんなにテーマ選定・ジャンル選定をミスったとしても、そこらへんまで記事数を作成していけば、それなりに収益は稼げるのではと考えています。

やっぱり稼ぐためにブログ(サイト)をやっている方がほとんどだと思うので、初心者の方は、正直初めはとにかく記事を量産していく事がオススメです。

ちなみに、特化型ブログでの成功体験を元に、ミニ特化型ブログを作るやり方が稼ぎたい人はオススメです。

それに関しては、また別の記事で詳しくご説明していきたいと思いますので、お楽しみに!

 

▼2児のパパが自由になった方法▼

▲その秘密をメルマガで公開中▲

『特化型ブログ ペルソナ 記事の書き方』まとめ

特化型ブログ 具体例 記事の書き方

今回は、特化型ブログのペルソナ設定をした記事の書き方について詳しく解説してきました。

ここで紹介した記事の書き方はあくまで一例ですが、これを基本にして取り組んで頂ければ、こっから自分なりにやりやすいやり方を試行錯誤して見つけて頂ければと思います。

特化型ブログはテーマ・ジャンルを狭め過ぎると失敗するリスクが高まりますので、初めは大きくテーマを持つ事をオススメします。

まずは一喜一憂せずに、コツコツ淡々と作業をしていきましょう!

2児のパパが自由を手に入れた方法を メールマガジンで公開中!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ごちゃまぜブログで稼ぐやり方は?特化型ブログとの違いも解説

ごちゃまぜブログで稼ぐやり方は?特化型ブログとの違いも解説

特化型ブログ ネタ切れ 記事数 300記事

特化型ブログでネタ切れ!記事数300記事は必要ない?

上位表示されない場合の解決方法

投稿した記事を超速攻インデックスさせる3つの裏技

アフィリエイト案件の成約率を上げる訴求文作成方法

アクセス急増!稼げるキーワード25選