基礎知識を学ぶ

アフィリエイト収入の仕組みをわかりやすく解説

今回は、アフィリエイトの収入の仕組みについてわかりやすく解説していきます。

今、副業が流行ってきてる中、特に参入者が多いとされているアフィリエイト。

しかし、いまいちどうやってお金が稼げるのか分からないという方も多いのでは?!

実際には、アフィリエイトで稼ぐ方法というか収入の仕組みとしては、

  • 成果報酬型広告
  • クリック報酬型広告

という2パターンの仕組みが存在し、とりいって難しいなんて思う事はなく、至って単純な仕組みになります。

そんな今回は、この2種類のアフィリエイト収入の仕組みについてわかりやすくお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧ください。

岡田康平
岡田康平
こんにちは、岡田康平です。

なぜ僕が在宅ワークで、家族全員が楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

期間限定で、僕が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、是非見ていってくださいね。

アフィリエイトの「成果報酬型広告」収入の仕組みとは?

先程、2種類のアフィリエイト広告の仕組みについてご紹介をしてきました。

そこで、まずアフィリエイトの王道の手法でもあり、トップアフィリエイターはみんなこれで稼いでいるともいえる『成果報酬型広告』について詳しく見ていきましょう。

成果報酬という単語から何となく仕組みを想像されている方もいるかとは思いますが『成果報酬型広告』とは“ブログに掲載した案件(商品)が購入されたら報酬が支払われる”という至ってシンプルな仕組みになります。

 

成功報酬型広告はASPに登録必須!?

実際には、ブログで案件(商品)を売るにはブログに掲載する広告が必要になってきます。

この広告はどこで仕入れるのかというと、「ASP」というサービスへの登録が必要になり、ASPとは、Affiliate Service Providerの略で、広告主とアフィリエイターの間で仲介をしてくれるサービスの事をいいます。

つまり、実際には広告主とアフィリエイターは、双方がASPというサービスに登録をしていて、ASPを介して広告を貼ったり貼ってもらったり、報酬を支払ったり受け取ったりするという仕組みになるわけです。

つまり、お金の流れは「広告主 → ASP → アフィリエイター」といった流れで支払われます。

あなたに読んで欲しいオススメ記事

 

成果報酬型広告のメリット・デメリット

 

メリット

  • 報酬単価の高いものが多い
  • アクセス数が少なくても商品(案件)が購入されれば報酬につながる

成功報酬型広告の一番のメリットといえば、報酬単価が高いものが多い!という事。

どのくらい高いのか?というと、選んでくる広告により単価は異なるので一概には言い切れないのですが、ライバルが強い市場でもある金融系のクレジットやFX口座の成果報酬単価は高いですね。

たとえば、クレジットカードの案件1件成約すると10,000円などの高額報酬が貰えたりする案件もあります。

もう1つのメリットとして挙げられるのは、アクセス数が少なくても商品が売れれば、報酬が発生するという点です。

極端な事を言えば、1日1人にしか見てもらえないブログだったとしても、その1人が3,000円の成約に結び付けば3,000円稼げます。

岡田康平
岡田康平
美容・健康のアフィリエイト案件(商品)は非常に成果報酬単価が高いのですが、その分、市場のライバルブログ(サイト)も強豪揃いという事は頭に置いておきましょうね。

また、金融・投資系の案件も高単価ですが、同様です。

実際には、成果報酬単価が安くても、ライバルが弱い市場であれば、上位表示できれば鬼のようにたくさん売る事はできます。

なので、成果報酬単価だけでジャンル選定はしないようにしましょうね。

 

デメリット

  • 商品が売れるまで報酬が発生しない
  • 広告商品を自分で選ぶ必要がある

単価が高い!というメリットに惹かれる人は多いと思いますが、これは記事を見た人が広告をクリックして、商品を購入されなければ報酬は発生しないという事になります。

簡単に、「クリック報酬型広告」に比べると敷居が高くなります。

実際、広告をクリックさせるのはアクセス数を増やせばいいわけなのですが、購入までとなるとコピーライティングスキルが必要になってきたりします。

また、商品(案件)の選定を一歩間違えると、全く売れないなんて事もあります。

岡田康平
岡田康平
アドセンス広告(クリック報酬型広告)はグーグルがブログに訪れるユーザーに併せて適正化してくれるので、そこまで全くクリックされなくて稼げないなんて事はないのですが、ASPから自分が商品(案件)を選定してくる場合は、間違えるともう1度言いますが、全く売れない状況が発生します。

つまり、失敗しないためにも、ASPに相談したり、ライバルブログをチェックしたり、しっかりとした情報収集を行う必要があるという事になります。

 

アフィリエイトの「クリック報酬型広告」収入の仕組みとは?

アフィリエイト収入の仕組みをわかりやすく解説

では、もう一方の『クリック報酬型広告』は、“ブログに掲載した広告がクリックされたら報酬が支払われる”という仕組みになります。

成功報酬型広告と同様に、ブログに広告を掲載する所までは同じです。

ただ、成功報酬型広告は「広告クリック→商品購入」が必要だったのに対し、クリック報酬型広告は「広告クリック」だけで報酬が受け取れるようになります。

だいぶ敷居が低くなりましたね。

先程も言ったように、クリック数を単純に増やすなら、アクセス数を増やすだけなので、上位表示を狙う事に集中すればいいのです。

実際に、アフィリエイトを始めたばかりの初心者は「クリック報酬型広告」から始める傾向があり、段々と慣れてきてから「成功報酬型広告」に挑戦する人が多くいます。

 

クリック報酬型広告の王道はGoogleアドセンス!

成功報酬型広告の場合、ASPに登録して広告を選定する事になりますが、クリック報酬型広告の場合、登録するのはASPではありません。

クリック報酬型広告もいくつか種類があるんですが、中でも1番稼げると言われているのはGoogleが提供している「Google AdSense」という広告です。

実際に、ブログにGoogleアドセンスを掲載したい場合には、Googleに審査を申し込む必要があります。

それについては他の記事で詳しくご説明していますので、そちらをご覧ください。

あなたに読んで欲しいオススメ記事

岡田康平
岡田康平
クリック報酬型広告の中では、断然Google AdSenseがオススメですね。

ブログに慣れるといった事も含めて、アフィリエイターの第1歩を踏み出すためにもGoogle AdSense審査を是非とも受けてみて下さいね。

 

クリック報酬型広告は選ぶ手間が必要ない!?

広告を選んで掲載するというのは、初心者にとっては少々難しく感じる方も多いのでは?!

先程も言ったように、もしそこで間違ってしまったら、どんなに良い記事を書いて、どんなにアクセスを集める事に成功していたとしても、商品が購入されず報酬は0円なんて話はざらにありますからね。

一方クリック報酬型広告のGoogleアドセンスの場合、Googleの審査に通過したら、ブログの記事に広告を表示するためのコードを配置するだけでOK。

Google側が自動でその記事にマッチした広告や、記事を閲覧しているユーザーの興味関心のある広告を表示してくれます。

つまり。広告の選定を間違ったために報酬が増えない!というリスクも回避できますし、どんな広告が購入されやすそうか?などの調査をする手間も省けるので、初心者の方でも取り組みやすいといったものになります。

 

クリック報酬型広告のメリット・デメリット

 

メリット

  • 広告商品を自分で選ぶ必要がない
  • 商品が売れなくても報酬が発生する
  • 物を販売するスキルが無くても稼げる

上記でご紹介した「広告を選ぶ必要がない」という事以外にも、クリックされるだけで報酬が発生するというのはメリットと言えます。

あなたは実際に、インターネットを閲覧している時に表示されている広告の商品を購入した経験はありますか?

あまり経験が無い、もしくは1度も経験が無いという方も実際には多いのではないでしょうか。

では質問を変えます。

クリックしたことはありますか?

これだったら、Yesと答える人もいるのではないのでしょうか。

というように、「購入してもらう」と「クリックしてもらう」を見比べるとその壁の高さは一目瞭然ではないでしょうか。

つまり、クリックの段階で報酬が発生するクリック報酬型広告はハードルが低いという事になります。

 

デメリット

  • 報酬単価が低い
  • 規約が厳しい

まず報酬単価の違いですが、成功報酬型広告の1成約の単価を数百円~数千円とした場合、クリック報酬型広告の1クリックの単価は数十円くらいになります。

これはもし両方の広告をブログで使用していた場合、同じ広告が表示されていて、もしクリック報酬型広告でユーザーが商品(案件)を購入されてしまったら、非常にもったいない事と言えるぐらい収益にも差があると言えます。

また、Googleアドセンスは規約が細かく定められていて、禁止されている単語も存在します。

なので、それらに配慮してブログ運営をしなければならないという事になります。

あなたに読んで欲しいオススメ記事

 

アフィリエイトの成功報酬型広告はどんな種類があるの?

アフィリエイト 収入 仕組み わかりやすく

成功報酬型広告では、「ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)」というアフィリエイターと広告主の仲介をする企業に登録が必要な事は上記でご紹介しましたね。

実際にはASPは多数存在していて、ASPによって取り扱っている広告の種類も様々です。

  • 健康グッズ(青汁やサプリメントなど)
  • 美容グッズ(ダイエットサプリや化粧品など)
  • お悩みグッズ(育毛剤や補正下着など)
  • 動画配信サービス
  • スマートフォン向けアプリ
  • 婚活サイト
  • 保険サイト

などなど、物・サービス・サイトなど様々な広告から紹介したいものを選べたりします。

成果報酬単価が高ければ、購入されにくい可能性もあるので、選ぶ時は慎重に決めましょうね。

岡田康平
岡田康平
ASPによって、取り扱っている案件も違ってきますし、単価も違います。

同じ案件なのに、単価が200円も違う!なんて事もあります。

だからこそ、3社以上は登録して、案件(商品)を選定する際は比較する事をオススメします。

登録したら、まずは広告の種類を見て回って、とりあえず自己アフィリエイトなんかしてみるのもオススメです

 

ASPはどんなのがある?

有名どころを集めてみました。

ASPは1か所だけではなく複数に登録が可能ですので、いくつか気になるところに登録をして広告を選ぶ事もできます。

上記でご紹介したASPは登録は無料となっていますので、興味本位で登録もできますので、是非ご利用下さいね。

岡田康平
岡田康平
私は5社ぐらいのASPに登録して、広告の掲載しています。

ある程度の収益をあげると担当者がつくASPや初めから担当者がつくASPなどもあります。

また、凄いところで上位表示を果たすと、クローズドASPと言われるところからブログのコメントを通してあなたに声が掛かる事もあります。

そうなってきたら、あなたも敏腕アフィリエイターの仲間入りです。

 

『アフィリエイト 収入 仕組み』まとめ

今回は、アフィリエイトの収入の仕組みをわかりやすくご紹介してきましたがいかがでしたか?

今、副業としてもかなり人気のあるアフィリエイトですが、

  • 成果報酬型広告
  • クリック報酬型広告

と結構単純明快なシステムでしたね。

初心者の方は、クリック報酬型広告を用いて、トレンドアフィリエイトの手法をするのがオススメです。

2児のパパが自由になった方法を
メールマガジンで公開中!!


 

(※1)登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
(※2)お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
(※3)いつでもメール内の解除リンクから解除出来ます。