コラムで語る

【経験1年以上】ライターが語る記事の書き方・コツ

今回は、私の記事作成を手伝ってもらっているライター暦経験1年以上の外注ライターの方に、実際に記事を書くコツや注意点について聞いてきたので、ライター暦1年のライターの記事作成に対する色々なリアルな声をお届けしていきます。

経験1年以上の敏腕ライターが心がけている事とは何なのか?

ブログ運営をしていく上で、「記事作成」はかなり労力を使っている部分でもあり、時々記事作成に行き詰まってしまうなんて事を経験した方もいるのではないでしょうか?

初心者が陥る記事作成で行き詰る原因
  • 考えても何を書いたらいいのか思い浮かばない
  • キーワードをどのように記事として膨らませれば良いのかわからない
  • 気分が乗らない、つまらない

多くの方が「あ!気持ち分かるわー!」なんて思ったりしていませんか?

私目線の考えだけだと、フォローしきれない部分がありますので、今回は私の仕事を実際に請け負っている外注ライターに色々根掘り葉掘り聞いてみました。

もちろんモデリングする事は必要なのですが、全てが正解という訳ではありませんが、あなたが記事作成で迷ったり、悩んだりした時に、少しでも参考になれば幸いです。

早速ですが、記事を書くコツや注意点について最後までしっかりとご覧ください。

岡田康平
岡田康平
こんにちは、岡田康平です。

今回は、外注ライターの方にインタビュー形式で聞いてきました。

初心者の方は割と参考になったり、共感できる部分があるのではないでしょうか?

未経験だった外注ライターがすんなり記事作成ができるようになった秘訣とは

岡田康平
岡田康平
アフィリエイトを始めてから、記事作成では幾度となく壁にぶつかってる方も多いと思うんですよ。

始めたばかりの頃に感じる苦難と、慣れた頃に訪れる苦難があったりしますよね。

始めたばかりの頃は、「どうやって記事を書けば良いのかわからない」など、無知が原因で、慣れた頃には、「飽きた・つまらない」と言ったメンタル的な問題があったり、私も経験があったのですが、どうですか?

fujita様
fujita様
私も経験しているので気持ちはとても分かります!

ただ、そんな中でも私は、1年以上毎日記事を書く作業を続けてこれています。

もちろん向き不向きはあるでしょうね。

毎日コツコツと文章を考えてPCに向かわなければいけないので、きっと苦痛に感じてしまう人もいるでしょう。

私は文章を書くのもPCのタイピングも好きなので、この仕事は向いていたのかもしれません。

でも、続けてこれたのはそれだけが理由ではないと思うんですよね。

おそらく“コツ”を掴んでから楽しくなったというのがあります!

 

最初はあまり深く考えずに楽しんで記事を書くべき!

岡田康平
岡田康平
コツですか!

確かに、アフィリエイトを始めたばかりの人って、「収益」「稼ぐ」を意識し過ぎている部分はありますね。

まず、稼ぐために基本を身に着けるという事が大事ですよね。

いわゆるfujita様でいうコツですね!

fujita様
fujita様
アフィリエイトの記事を書く時に迷う理由は

  • 「どうやったら見てもらえるのかな…」
  • 「何を書いたら楽しいと思ってもらえるの?」
  • 「収益が欲しい!そのためにどんな記事を書けばいいのやら…」

など、収益を上げたい!という思いやアフィリエイトで成功したい!と気持ちが先走り、何を書けばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか?

岡田康平
岡田康平
確かに、それも大切なのですが、1番大切なのはSEO対策ですね。

SEO対策をしっかりと行い、サイト自体の評価を高めていかなければ大きな収益を得る事はできませんね。

fujita様
fujita様
でも、それを最初の段階から全て完璧にやろうと思うと、どうしていいか分からなくなってしまいますよね?

岡田康平
岡田康平
確かに!

サイトはいくらでもやり直せるんですよね。

ドメイン代は訳ないですからね。

とりあえずは、記事を自分の中で投稿できるところまで仕上げて、投稿する習慣を持つ事が大切ですね。

私も実際に初め作ったサイトなんて、今はもう存在していません。笑

そういえば、私はfujita様に初めどのような事教えましたっけ?

初めはライター未経験でしたよね?

fujita様
fujita様
私が岡田さんから教わって最初に記事を書く時に心がけたのは、

岡田が外注ライターに指導する内容
  • 文章が切れるところで見出し2・3・4を使う
  • 文書がひと段落したところで画像をいれる
  • キーワードについてしっかりと調べてから記事を書く

あとは岡田さんは、「自分が楽しいと思う記事を書く」ようにと言っていました。

自分がユーザー側だったらどんな事が書いてあったら楽しいか?や、このキーワードで検索をするときは何が知りたい時か?というのを一所懸命想像しました。

そうすると少しずつですが、キーワードから記事の構成を考える事ができるようになっていきましたね。

「自分が楽しいと思う記事を書く」というのは今でも年頭において作業する習慣がついています。

岡田康平
岡田康平
記事を書く習慣をつける事が非常に大事ですもんね。

そのためにはやはり、記事を書く楽しさを覚える事は先決ですね。

また、ユーザーの気持ちを考える!これとても需要ですね。

SEO対策を難しい言葉を覚えて、知識として身につけるより、ユーザーが満足する記事作りを目指しっていった方が、Googleのいう方針に添えるんですよね。

 

慣れてきたら収益アップを目指す!

敏腕外注ライターが語る記事を書くコツ・注意点【経験1年以上】
fujita様
fujita様
自分が楽しいと思えるように記事を作成していくといずれその作業にも慣れてくると思います。

私の場合、最初の頃は1記事作成するのに、4~5時間の時間が掛かっていましたが、慣れてくると2時間ほどで作成できるようになり作業時間が半分くらいになりました。

1日1件をアップしていたのがいずれ2~3件アップできるようになったので、私はライターなので、稼ぎがアップしました。笑

岡田康平
岡田康平
fujita様はライターですが、記事作成が習慣化して、苦でなくなってから、アフィリエイトはスタートすると言ってもいいでしょう。

例えば、SEO対策。

上位表示をさせるためにはどうしたら良いのか?というのを考えながら記事作成していく段階に突入していくわけですよね。

fujita様は、色々私から今まで指示を受けたと思うのですが、どのようにSEO対策を意識していきましたか?

fujita様
fujita様
私が実践していた方法としては、一通り自分の楽しいと思える記事を作成して、上から読み返しながら修正していきました。

文章を考えながらSEO対策もするという、2つの事を同時にする感じが苦手だったので、同じような方がいればとてもオススメです。笑

最初から完璧にはできないので、初めから完璧を求めないというのは大事かな?と思います。

岡田康平
岡田康平
なるほど!

少しずつステップアップしていく事で、負担も少なくいつの間にか成長できているというわけですね。

焦らず一つずつ自分自身で課題を設定してクリアする事が大切そうですね。

しかし、何記事書いたぐらいから壁というか、ライティングってこんなかって分かった感がありますか?

 

とにかくたくさんの記事を書いていたらいつの間にか!

fujita様
fujita様
300記事ぐらいではないでしょうか?

しかし、今も書いていて改めて気づく事はたくさんあります。

まず記事を書く作業に慣れる!

私が、慣れてきたのは100記事あたり作成したぐらいだった気がします。

岡田康平
岡田康平
そうですね。

先ほども言ったように、まず習慣づける。

これが1番の初心者に立ちはだかる壁ですもんね。笑

fujita様
fujita様
300記事ぐらいではないでしょうか?

しかし、今も書いていて改めて気づく事はたくさんあります。

まず記事を書く作業に慣れる!

私が、慣れてきたのは100記事あたり作成したぐらいだった気がします。

どんな内容の記事を書くかはSEO対策上それなりに盛り込まなくてはならない内容はありますが、絶対の正解がないもんね?

つまり、どんな内容の記事を書いても間違いではないという事ですので、とりあえずこれからアフィリエイトをこれから始める方はどんどん記事を書いていく事が大事ですよね。

ライバルチェックをしていると、他のサイトの記事を見て、読みやすいなって思う事はあるので、それは真似たりしています。笑

岡田康平
岡田康平
記事を日々投稿していく過程で、色々なキーワードと触れ合い、ライバルチェックをする際に色々なサイトのライティングを見る事ができ、色々な経験が成長を促進させますからね。

1度投稿した記事も、後々必要に応じて編集すればいいわけですし、まずは記事投稿を日々目指していく事ですね。

fujita様
fujita様
もし直したいところや追加したい事があればいつでも手を加える!といった事を頭に置いておけば、そこまで完璧を目指さなくてもいいじゃん!ってなるのではないでしょうか?

初心者の方には特に言ってあげたいですね。笑

岡田康平
岡田康平
ライティングってとても奥深いですよね。

というのも、私も今まで結構記事を書いてきましたが、やはり10記事とか30記事とかそこでは気付けないものが100記事とか300記事とか書いてくると、分かったりするというfujita様の気持ちがとても分かります。笑

また、今まで自分が正解だと思ってきたものが変わったり、新たな発見ができたりなど、とりあえず経験を重ねるってとても重要ですね。

 

経験1年以上の外注ライターが記事を書く際に気を付けている事

敏腕外注ライターが語る記事を書くコツ・注意点【経験1年以上】
fujita様
fujita様
それでは、外注ライターfujitaがライターとして1年以上の経験を積んだ今、記事を書く時に気を付けている事についてご紹介していきます。

もちろん今でも迷う時は多々ありますが、常に記事を書く際に意識している事をまとめてみました。

冒頭でも岡田様が言っていましたが、全てを真似して頂く必要はありません。

ただ、記事を書く時に何を意識すれば良いのか?など迷った時に思い出していただければ嬉しいです。

もし参考になる部分があれば是非試してみてくださいね!

岡田康平
岡田康平
結構私も初めて聞くので楽しみなんですよ。

どうぞ!始めてください!笑

 

①勉強・検索をする

fujita様
fujita様
まず記事を書き始める前に、必ずキーワードについて詳しくなろうと検索から始めます!

記事を書くという事は、文字で情報を説明するという行為でもありますよね。

それを読んでくれた人に理解してもらわなければなりません。

説明するためには、自分自身が理解していないと説明はできません。

だからこそ、まずは自分がキーワードについて詳しくなるために、あらゆる関連キーワードも含めて検索をし、情報収集を行っています。

他のライバルサイトのライターの方がどんな記事を書いているのか、とても勉強になる事も多いですし、関連キーワードから予備知識をつけておくと記事に幅が生まれます。

たくさん知識があれば、自分なりの補足説明なども付け加える事ができるのも、情報収集を行うメリットになります。

なので、良い部分はすかさず吸収できるように心掛けています。

岡田康平
岡田康平
やはり自分が記事を書く「キーワード」に対して、検索して訪れるユーザーより詳しく知る事は必要性です。

ユーザーがキーワードを検索したという事は、キーワードに対して悩んでいるという事になります。

それについて、私たちは記事を通して解答を出していかなければなりません。

という事は、それなりの予備知識をつけておく必要がありますね。

 

②検索するユーザーの事を考える

fujita様
fujita様
キーワードを検索した人が、どんな内容を読みたくて検索しているのか?というのを想像するようにしています。

岡田康平
岡田康平
ユーザーの検索意図というものですね。

それが最近では、検索意図を理解していない記事はアルゴリズムで引っ掛かっていたりするのを見ますね。

これは大事です。

fujita様
fujita様
例えば、「ワールドカップ 日本 試合」というキーワードについて記事を書く場合、

  • メンバー
  • 結果
  • 名シーン
  • 日本戦の試合日時
  • 世間の評価・コメント
  • ワールドカップが日本で開催された年、開催予定の年

など知りたいと思われる情報は多くあります。

そのキーワードで実際に検索してみて、上位表示されるサイトを読んで勉強をした後は、実際に記事を書く時になるべくたくさんの情報を入れる事を意識しています。

岡田康平
岡田康平
なるほど!

いわゆる共起語を検索して、勉強しているわけですね。

これは、あなたも今日から実践する事をオススメします。

fujita様
fujita様
というのも、自分が検索する時の事をイメージすると、「日本戦の日時はいつかな?」と検索をして日時が分かった後、「メンバー誰なんだろう!?」とさらに疑問が浮かんでくるんですよね。

そんな時に同じページ内に載っていたらラクだったりするので。

岡田康平
岡田康平
いわゆるキーワードずらしを1記事で体現ですね。

ユーザーを1記事で満足させるという点は重要です。

fujita様
fujita様
私の場合は記事作成の以来を受け時に、岡田様から文字数の制限を掛けられていたりするので、全ての情報を入れる事はできない場合もあります。

しかし、なるべく関連して思い浮かびそうな疑問については見出しを使って読みやすい流れを意識して、補足説明を書き加えるようにしています。

そうすると結果的に、岡田様の指定の文字ボリュームを持った記事に仕上がります。

岡田康平
岡田康平
文字制限を掛けている私の指示内容が漏れてしまいましたが。笑

何より、ユーザーが満足できるようにと意識して記事作成していけば、必然と記事内容も網羅されてきますよね。

良く記事を書く際に「網羅」って言葉を聞いたりする方もいるかもしれませんが、「網羅」だけを心掛けて記事作成をしたら、何万文字も記事書けますから、注意が必要です。

あくまで、検索意図を理解した上での、その検索キーワードを調べたユーザーの事を考えた内容の網羅性が大切です。

 

③オリジナルの記事を書く

fujita様
fujita様
ライバルサイトとなる他のライターの方が書いた記事もたくさん読むのですが、絶対にコピペしてそのまま貼るような行為はしないようにしましょう。

というのも、記事のオリジナル性は、記事の評価に大きく影響する重要事項です。

ただのコピペ記事であれば上位表示は一向に望めないですし、サイトの評価も上がりません。

言いたい内容が同じであった場合でも、私は一旦自分の中で噛み砕いて自分の言葉で記事に書くように意識しています。

岡田康平
岡田康平
自分のフィルターを通して、考え・思いを加えてライティングするやり方ですね。

ライバルが強過ぎて、どうしようもない時ってありますよね。

そういったテクニックも1つ持っておく事も必要ですね。

fujita様
fujita様
また、他にも見出し4などを使って、オリジナルのコーナーで他の方の書いた記事とは差別化を図ったりと試行錯誤しています。

岡田康平
岡田康平
何より、文字ボリュームも関係ないと言われますが、ライバルサイトもある程度の文字ボリューム詰め込んできますからね。

ある程度の話を広げて、文字ボリュームを膨らます事は必要になってきますよね。

おっ!ライバルサイトとの差別化!いいですね!

サイトにユーザーのファンをつけるには非常に大事になってきます。

 

④読みやすい記事にする

fujita様
fujita様
私も、教科書や取り扱い説明書のように文字だらけで脈絡もなくズラズラと書かれている書物は苦手で、そういうサイトって結構多くあるのですが、岡田様の言う通り、そういうサイトって途中でユーザーに離脱されてしまうと思います。

やっぱり見づらい記事より見やすい記事のが利便性に優れるといった事を叩きこまれましたので、なるべく見やすくなるように工夫をしています。笑

  • 文字が続く箇所には必要な画像を挿入
  • 長文にせず改行
  • リスト機能やフォントの大きさや色を変える

このあたりはアフィリエイトをやっていく方々はやった方が良いと思います。

ただこれを考えながら作業するのでは捗らないので、まず思うがままに上から下まで文章を書いていって、最後に修正をしていきます。

自分が読んだ時に読みやすいように、読みにくい場所を見つけたら修正をするという作業ですね。

せっかく頑張って書いた記事ですから、最後まで読んで頂きたいですからね。

岡田康平
岡田康平
見やすさってとても重要ですね!

長文がずら~と書いてあったら、それだけで読む気失せますからね。笑

画像や見出しや装飾を上手く使う事によって、同じ事を書いていても全然違いますから

画像や見出しや装飾を使いこなせれば、必然と見やすい記事作成を行えます。

気を付けてほしいのは文字の装飾で色々な色を使い過ぎると、逆に見にくくなる点ですね。

赤・青ぐらいが望ましいですね。

 

迷った時:記事の構成から考える

敏腕外注ライターが語る記事を書くコツ・注意点【経験1年以上】

fujita様
fujita様
私も、教科書や取り扱い説明書のように文字だらけで脈絡もなくズラズラと書かれている書物は苦手で、そういうサイトって結構多くあるのですが、岡田様の言う通り、そういうサイトって途中でユーザーに離脱されてしまうと思います。

やっぱり見づらい記事より見やすい記事のが利便性に優れるといった事を叩きこまれましたので、なるべく見やすくなるように工夫をしています。笑

  • 文字が続く箇所には必要な画像を挿入
  • 長文にせず改行
  • リスト機能やフォントの大きさや色を変える

このあたりはアフィリエイトをやっていく方々はやった方が良いと思います。

ただこれを考えながら作業するのでは捗らないので、まず思うがままに上から下まで文章を書いていって、最後に修正をしていきます。

自分が読んだ時に読みやすいように、読みにくい場所を見つけたら修正をするという作業ですね。

せっかく頑張って書いた記事ですから、最後まで読んで頂きたいですからね。

岡田康平
岡田康平
読みやすい・見やすい記事作りはとても大切です。

ユーザーの滞在時間を伸ばしていく上でも、ここは力を入れてきたいところですね

画像・見出し・改行・フォントなど見やすくするテクニックはたくさんありますからね。

今回の記事は吹き出しだらけっていう読みにくい記事になっているかもしれませんね。笑

fujita様
fujita様
どうしても何を書いたら良いのか迷ってしまう日もありました。

そんな時に無理やり絞りだして上から順番に文章を書いていくと、まとまりのない記事になってしまって、結局何が言いたいのか書いた自分でもわからない、という状況に陥いったりした事がありました。

それではきっと読者の人にとっていい記事とは言えなくなってしまうので、視点を変えます!

まずどんな流れの記事を書こうか、構成から考えていきます。

例えば、「ワールドカップ 日本 試合」というキーワードについて記事を書く場合、

  1. 日本の試合日時
  2. 日本戦にスタメン出場しそうな選手
  3. 自分的に注目の選手
  4. 相手国はどこなのか?エースは誰なのか?

このように大きく流れを作ったら、それをそのまま見出し2にして文章を書いていったりしました。

この時、話が変わる時や文章が途切れたときに見出し3や見出し4も使用しました。

私の場合は、文章を書いた後に見出しを何にしようか考えます。

先に見出しを考えてしまうとその内容に限定して文章を考えるので、また何を書いたら良いのか分からない状況になってしまうんですよね。

それを防ぐために自由に文章を書いた後に、見出しを寄せていく感じです。笑

この記事構成から考える方法は、時短テクニックとしてインターネット上で紹介されていました。

特に迷う事なくアイディアがポンポン出るようなキーワードの時は上から順番に書き進める場合が多いですが、迷ってしまった時には結構役立つテクニックなのでオススメですよ!

岡田康平
岡田康平
なるほど!

時短テクニックですね!笑

記事のクオリティーを下げずに、記事を書く時間を短くする事がライターとしてやっていくにはとても大事ですね。

 

他のライターにも聞いてみた!記事を書く際に心掛けている事

敏腕外注ライターが語る記事を書くコツ・注意点【経験1年以上】
ライター歴
2年
ライター歴
2年
自分が読んでも楽しいと思える構成にして、なおかつ見やすく作成しています。

また、記事のキーワードなんかを深く広く掘り下げてみることを心がけていますね。

ライター歴
6ヶ月
ライター歴
6ヶ月
私が記事を書く時に、一番注意している事は「私だから書ける内容を含ませる」というところです。

記事の内容によっては、これだけネットでたくさんの情報が溢れている中で、どうしても似たような情報ばかりを提供することしかできない事もあります。

しかし、私だから例えられる内容や、私だから出てきた感想など、なるべく自分の言葉で書けるように心がけています。

ライター歴
8ヶ月
ライター歴
8ヶ月
記事を書く際は、まずその題材がどういうものなのかということを軽くでもいいので理解するようにしています。

それをすることにより、例えば商品の紹介であったりした場合などに、頭の中である程度の文章構成が出来るからです。

リライトの場合も、その内容にあった言葉選びなどが出来ることがあるのでそうしてます。

また、時間短縮するために現状は、情報収集のワードなどを変えてみたりなどをしています。

ライター歴
1年6ヶ月
ライター歴
1年6ヶ月
独りよがりの記事にならずに、客観的に書けているかどうかを注意しています。

求められているものは何なのか、それをきちんと書けることが質の高い記事を書ける事だと思っているので、特に注意して仕事をする様にしています。

また、時間をかけ過ぎれば良いというものではないと思っています。

1時間に1000文字を書けるくらいのスピードで、クライアント様の要望から外れない様に心がけています。

 

『経験 1年 ライター 記事の書き方 コツ』まとめ

岡田康平
岡田康平
今回は、経験1年以上の敏腕ライターが記事を書くコツと注意している事として、ご紹介してきました。

最後に、fujita様一言どうぞ!笑

fujita様
fujita様
正直、敏腕ライターなんて恐れ多いのですが、この記事もとても楽しく書かせて頂きました。

ライターを始めた1年前を思い出すと色々と迷う事の連続で、実際に文章を書いている時間より迷っている時間の方が長かったように思います。

ですが、確実に記事を書き進める事で成長していると実感できますし、いろいろ新しい事を習得できることで今でも楽しさを感じて作業できています。

苦痛だと思いながら作業しても長く続けていく事はきっとできません。

どうせやるなら楽しんでやろう!くらいの気持ちが大切だと思いますよ!

記事作成をする上で迷った時は、とにかく自分が楽しめる記事を書いてみてくださいね!

2児のパパが自由になった方法を
メールマガジンで公開中!!


 

(※1)登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
(※2)お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
(※3)いつでもメール内の解除リンクから解除出来ます。