WordPress操作・設定

フリー画像ダウンロード可能なおすすめサイト6選

フリー画像 おすすめサイト

今回は、フリー画像や写真素材をダウンロードするおすすめサイト6選について詳しく解説していきます。

記事を作成していく上で、画像や動画の選定って意外に難しかったりしますよね。

著作権の問題で使用してはいけない画像もネット上には多く存在します。

だからと言って画像を使わないと、ユーザーが記事を読むのに飽きやすくなってしまい、ブログの離脱率にも繋がってきますからね。

使わずにいられないという事で、そんな今回はアフィリエイターの多くの方が利用している安全な、無料でダウンロードできる、フリー画像・写真素材サイトを6つご紹介していきます。

その中からダウンロードした画像であれば、記事中に使っても問題はありませんので、是非ご活用下さい。

岡田康平
岡田康平
こんにちは、岡田康平です。

なぜ私が在宅ワークで、家族全員が楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、是非見ていってくださいね。

フリー画像を使用しなければならないのはなぜ?

ネット上では、当たり前のように他のブログ(サイト)から持ってきた画像や動画が使われていますよね。

例えばエンタメ系のブログ(サイト)であれば、対象の芸能人の画像が合った方が記事の内容も充実しますし、名前でピンとこない人も「この人か!」と分かりやすくなります。

他にも美容ブログ(サイト)などでマッサージの方法など、図解があると便利ですよね!

しかし、その画像は本当に自身のブログ(サイト)に掲載していいものなのか?考えてみた事はありますか?

何となく“著作権の問題”というのは認識していても、どんな問題があるのか?この画像が良いのか悪いのか?については実際に詳しく知っている方も少ない傾向にあります。

そこで、まずは画像や動画を使用した時に起こりうるリスクについて解説していきます。

アフィリエイトブログ(サイト)を運営している人は、著作権侵害だけでなく、GoogleアドセンスやAmazonアソシエイトなどのアカウント停止、そしてASPの利用停止などにつながる恐れもあるので、しっかり理解を深めていってくださいね。

 

フリー画像以外を使用した場合のリスクとは?

 

著作権侵害

フリー画像 おすすめサイト

そもそも著作権とは何なのか?というと、小説や音楽、絵画、写真などの著作物が創作されると発生する権利です。

基本的には創作した人が著作権を所有しており、その著作者が独占的に支配して利益を受けるための権利となります。

この著作権所有者の許可を得ずにサイトなどに掲載してしまうと、“著作権侵害”という罪に問われる事になり、「10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金」またはその両方の処罰が課せられます。

画像や動画に限って言えば、無断で転載した事を著作権を持っている人が訴えない限り、処罰されない法律となっています。

ただ「訴えられなければいいのか」と思ってしまいますが、それは道徳的によくありませんよね。

個人の場合でも訴えられたという事例はこれまでにも起こっていますし安心もできません。

ディズニーやジャニーズが著作権の侵害に厳しいことは有名ですよね。

場合によっては、手だけ、足だけなどが映っているだけで削除依頼が来る場合などもあるそうですよ。

 

アカウント停止

GoogleアドセンスやAmazonアソシエイトでは、著作権侵害を禁止しています。

プログラムポリシーや規約に、その旨がしっかりと記載されていて、もしそのようなサイトがあった場合にはアカウント停止の可能性があるという事です。

もちろん知らなかったでは済まされませんし、収益の有る無しも関係ありません。

アカウントが停止された段階で、せっかくの収益もなくなってしまいますね。

一所懸命作り上げてきたブログ(サイト)が画像1枚でダメになってしまう可能性もありますので、著作権や適切か否かの判断はしっかりとしていきましょうね。

 

画像・動画を使用したい時はどうすれば良いのか?

フリー画像 おすすめサイト

では、記事に画像や動画は全く転載できないのか?というとそういう事ではありません。

画像や動画を使用しなければ著作権侵害の恐れはなくなりますが、見やすい記事という点では少々問題も発生します。

利用者の有益な情報が記載されている事が高い評価を得るために必要になりますので、必要な個所に画像や動画を挿入するのは悪い事ではないのです。

文字だけズラズラと書かれた教科書のようなものを嫌う人もいますからね。

アクセス数が大事なアフィリエイトにおいて、見やすさも重視しなければいけませんし、分かりやすさを追求するのであれば場合によっては動画や画像も必要になります。

その場合どうすれば良いのか?というと主に以下3つの手段になります。

 

①引用

よく画像の下などに、「引用:http://…」などのサイトのURLが入っているのを見かけますよね。

これは、画像をダウンロードさせていただいた、元々画像を掲載していたサイトのURLなどを転載しています。

ただ、注意が必要なのは、このURLを掲載すればどんな画像でも利用していいというわけではありません。

引用の要件を簡単に説明すると、

「画像がないと記事の内容が伝わりにくいと判断される場合、すでに一般に公開されている画像をサイトに貼り、近くにその引用元を明示する。」

という事になります。

引用の要件についても一度ご自身で確認してみて頂くのが良いと思います。

芸能人の画像などに関していえば、Twitterで画像を掲載している人のツイートを記事中に掲載するのも手段の一つです。

Twitterの規約に、「提供するコンテンツは、本規約に基づいて他の人たちと共有して差し支えないものに限定してください。」と書かれている事から、引用の要件は満たしていればセーフと判断される可能性が高いようです。

ただ、芸能人などの画像・動画には著作権とは別に肖像権というものも発生しますので、合わせて確認してみてくださいね。

 

②自分で画像を作る

ご自身で撮影した写真を画像として使用する方法です。

風景や物などの場合、ご自身で撮影した写真を利用する事で著作権はご自身になりますので、著作権侵害の問題はクリアできます。

ただ、風景を撮影したときに一般の方が映ってしまわないように配慮が必要になります。

人物をいれたい場合には、許可を得たモデルを立てて撮影しましょう。

 

③フリー画像・フリー写真素材を利用する

①・②とご紹介してきましたが結構面倒ですよね。

著作権侵害の問題などに関して言えばグレーな部分もあり、本当に大丈夫なのか不安になる事もあると思います。

そんな心配をするくらいなら、著作権フリーのフリー画像・フリー写真素材を利用する方が安全でオススメです。

著作権フリーの画像は、多くのサイトで無料配布されています。

ダウンロードするために会員登録が必要なサイトなどもありますが、料金は発生しないものが多いです。

様々なシチュエーションや人物の画像を探す事ができますので、記事中の装飾として利用するにはうってつけです。

 

おすすめフリー画像・フリー写真素材サイト6選

ではフリー画像や写真素材をダウンロードするにはどこのサイトを利用すれば良いのか?

結構英語で表示されるサイトなどもあって使い方が分からないところもありますからね。

そんな今回は、非常に口コミの良い使いやすい人気のサイトを5つご紹介していきます。

ダウンロードの1日の上限回数が決まっているサイトなどもありますので、私は複数サイトを画像の種類などで使い分けています。

あなたもお気に入りのサイトを見つけてみてくださいね。

 

Pixabay

フリー画像 おすすめサイト

Pixabayは、850,000枚以上の無料写真素材、ベクターイメージ、イラストレーションをダウンロードすることができるフリー写真素材サイトです。

すべての画像と動画がCreative Commons CC0で無償配布されているので、著作権の帰属表示なしで自由にダウンロード、使用、改変、配布が可能です!

もちろん商用利用も可能なので、どんな場面でも使用できますよ。

検索窓にキーワードを入力して探す事もできますし、外国人の方がモデルのおしゃれな画像も多いので使いやすいと思います。

>>Pixabay公式HPはこちら

岡田康平
岡田康平
私のおすすめはPixabayになります

検索窓にあなたの欲しい画像の単語を入れれば、すぐに見つける事ができ、非常に使いやすいフリー画像サイトになります。

著作権表示もいらないので、とても重宝しています。

 

photoAC

フリー画像 おすすめサイト

無料会員登録が必要となるサイトです。

様々なジャンルの写真がカテゴリ別に整理されていて、ほしいイメージの画像が探しやすいと思います。

それ以外にもキーワードを入力して探す事も可能です。

特に女性をモデルにした美容関連の写真が充実していて、健康や美容サイトを運営している人には役立つ画像が多いです。

>>photoAC公式HPはこちら

 

Unsplash

フリー画像 おすすめサイト

Unsplashは、美しいフリー写真素材ばかり公開されているサイトで、とにかく素晴らしい写真が多数揃っています。

Webサイトのデザインもとても綺麗で、ただ色々な画像を眺めているだけでも楽しいサイトです。

UnsplashもCreative Commons CC0で配布されているので、著作権の表記は不要でビジネスでも使用することが可能です。

>>Unsplash公式HPはこちら

 

ぱくたそ

フリー画像 おすすめサイト

2017年現在、掲載枚数は11411枚を突破しています。

面白い素材からまじめな素材まで、かなりたくさんのジャンルが多いです。

中には使うタイミングがよく分からないようなものもたくさんありますが、面白いフリー素材を見つけることができます。

なんといっても高品質・高解像度にこだわってるだけでなく、ユーザー登録不要なのも嬉しいですね。

商用利用も可能ですし、一部クレジット表記不要な画像も扱っています。

>>ぱくたそ公式HPはこちら

 

足成

フリー画像 おすすめサイト

全国にいるアマチュアカメラマンが撮影した、写真を提供しているサイトです。

自然の風景から飲食系、人物など様々なジャンルがあり、掲載枚数は75000枚を突破しています。

そのボリュームから、イメージにピッタリな画像を探す事ができると思います。

会員登録が必要となりますが、商用利用も可能ですし、クレジット表記不要ですので登録してみる価値があると思います。

>>足成公式HPはこちら

 

GRATISOGRAPHY

フリー画像 おすすめサイト

GRATISOGRAPHYは、多数の画像を扱っている海外のフリー写真素材サイトです。

色々な素材を見つける事ができ、検索がスムーズで、ダウンロードも会員登録無しでクリックするとすぐにダウンロードすることができます。

たくさんの写真素材が必要な時は本当に助かります。

おしゃれな写真もたくさんあるので、きっと記事の装飾に役立てる事ができると思います。

こちらもCreative Commons CCOとなっており、著作権の表記は必要なく、商用利用も可能です。

>>GRATISOGRAPHY公式HPはこちら

 

フリー画像・写真素材サイトで欲しい画像をすぐに見つける方法

フリー画像 おすすめサイト

フリー画像やフリー写真素材を掲載しているサイトで、1から順番に使えそうな画像を探すのはかなり手間がかかってしまったりします。

というのも、何万という数の画像を扱っているサイトもありますので、全部見て回ってたら、いくら時間があっても足りません。

そんな時、使いたい画像をすぐに見つける方法についてご説明していきます。

毎回似たような画像ばかりになってしまう、イメージに近い画像が表示されない、という場合に試してみてくださいね。

 

まずはカテゴリ別に探す!

まず一番最初にカテゴリ別に分類されているサイトの場合は、必ず活用しましょう!

ほとんどのサイトがカテゴリ一覧が表示されていますよね。

  • 人物(男性・女性・子供)
  • 動物
  • 食べ物
  • 自然・風景
  • ビジネス
  • 建物・街並み
  • 乗り物 など

例えばPCやスマホの画像であればビジネスを見てみる、と言った手順ですね。

もしスマホを持っている人の画像がイメージとしてあるのであれば人物を探してみるのもいいかもしれません!

 

見つからなければキーワードで検索!

上記のようにカテゴリで見た場合、あまりにも量が多いと探すのが大変ですよね。

その場合は、キーワードを入力できる検索窓を利用しましょう。

PCやスマホの画像が欲しい場合は、「パソコン」や「スマホ」、もしくは「iPhone」と入力してみてください。

この時、人物が持っているスマホの画像が欲しい場合には「スマホ 男性」などとキーワードを複数使って検索すると絞られて早く見つける事ができると思います。

色々な連想される言葉で検索してみると、たくさんの画像を見つける事ができますよ。

 

海外のサイトの場合英語で検索を!

海外のフリー画像サイトの場合、日本語で検索してもあまりヒットしない場合があります。

その場合は英語に変換して検索をするとすぐに見つけられる場合がありますよ。

例えば、例えばビジネス系の写真素材を探しているのならば、「ビジネス」⇒「business」。

女性が映っている画像が欲しい場合は「女性」⇒「woman」などですね。

英文にする必要はありませんので、思いつく単語で検索してみてくださいね!

 

『フリー画像 ダウンロード可能 おすすめ サイト』まとめ

フリー画像 おすすめサイト

今回は、フリー画像や写真素材をダウンロードするおすすめサイト6選についてご紹介してきました。

会員登録が必要なサイトなどもありますが、これまで登録してトラブル・問題はありませんでしたし、登録自体も簡単なものが多いのでオススメです。

細かい個人情報の入力などは不要なものも多いのでご安心ください。

ブログ(サイト)は資産になります。

だからこそ、こういった画像の選定といった小さな作業もコツコツ丁寧にやっていきましょうね。

2児のパパが自由になった方法を
メールマガジンで公開中!!


 

(※1)登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
(※2)お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
(※3)いつでもメール内の解除リンクから解除出来ます。