「ミラコスタ」ブログ2018年レポート&感想【ピアッツァビュー3375号室】

ミラコスタ ブログ レポート 感想

今回ブログでは、2018年10月11・12日で家族念願の1泊2日のホテル「ミラコスタ」に旅行に行ってきたのでレポート・感想をご紹介していきます。

今回の予定は、1日目は東京ディズニーランドでホテル「ミラコスタ」に宿泊し、2日目は東京ディズニーシーというとても詰め込んだ1泊2日の旅行になります。

ホテル「ミラコスタ」の宿泊する部屋はポルト・パラディーゾ・サイド ピアッツァビュー3375号室です。

我が家の旅行レポートも交えつつ、ホテル「ミラコスタ」の感想を画像を交えてお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧ください。

岡田康平

岡田康平
こんにちは、岡田康平です。

2児のパパの私が自由なライフスタイルを手に入れた方法をもう確認しましたか?

今なら期間限定で、ブログ1つで月収150万円稼ぎ続ける方法も無料プレゼントしているので、是非そちらも受け取ってくださいね。

>>プレゼントを今すぐ受け取る

この記事で書かれている内容

▼2児のパパが自由になった方法▼

▲その秘密をメルマガで公開中▲

2018年10月11日 6:00に家を出発!
ディズニー公式ホテル「ミラコスタ」へ!

私の家は小田原の方という事もあり、出発時間は結構早めのAM6:00。

つまり、家族全員5:30起き。

目をこすりながらも運転で、いざ東京ディズニーランドへ!

到着して、早速荷物・車を預けにとりあえずディズニー公式ホテル「ミラコスタ」に突入!

車は東京ディズニーランドの専用車場ではなく、ホテル「ミラコスタ」の立体駐車場に止めました。

ホテル「ミラコスタ」に到着すると、早速フロントロビーで田舎もんが東京のビルの明かりを見上げるように立ち尽くしてしまった!

ミラコスタ ブログ レポート 感想 ミラコスタ ブログ レポート 感想

うん、これはホテルではなく、お城という表現が適正かと思っちゃいました。笑

どこを見ても手の抜きどころのないディズニークオリティー。

これがはるか上にある天井です。

ミラコスタ ブログ レポート 感想

ロビーで出迎えてくれたのは、「W」ではなく、「M」ですね!笑

ミラコスタ ブログ レポート 感想

廊下も結婚式場みたいですね。

もう舞踏会とかやっていそうな感じがして、本当にロビーのどこを見てもクオリティーの高さを感じました。

ミラコスタ ブログ レポート 感想

ロビー近くの窓から外を見ると、もうそこには東京ディズニーシーですよ。

ミラコスタ ブログ レポート 感想

これには感動!

我が息子もまだ1度も足を踏み入れていないディズニーシーを見て感動!笑

ミラコスタ ブログ レポート 感想

そして、早速荷物を預けて、私達は東京ディズニーランドへ!

岡田康平

岡田康平
しかし、こういう家族の喜んでいる姿を見ると、本当に3年前に副業を始めた良かったなと改めて実感。

ずっとサラリーマンをしていたら、こうやって頻繁に贅沢もできなかったと思いますし、本当に行動して良かった。

というのも、以前までは私は超絶勤務時間の長い現場監督をしていました。

そっからのライフスタイルが激変した理由について漫画を作りましたので、お気軽にご覧ください。

>>自由なライフスタイルを手に入れた理由はこちら

 

ディズニー公式ホテル「ミラコスタ」から東京ディズニーランドへモノレールで移動!

モノレールの乗り口まで歩いている時、ふと思いました。

ミラコスタ ブログ レポート 感想

「ここはどこだ?!」

もう私達は夢の国に入り込んでいました!笑

ミラコスタ ブログ レポート 感想

うちの家族もとりあえず、東京ディズニーシーを眺めていました。笑

ミラコスタ ブログ レポート 感想

私は娘の乗るベビーカーを押しながら、皆でディズニーシーステーションまで歩いて、モノレールに乗ってディズニーランドへ向かいました。

ミラコスタ ブログ レポート 感想

ミッキーの窓に、外の景色に息子は大興奮!

そして、乗ると、あらゆるところがミッキーの形にもう夢の国の中である事を再確認しました。

ミラコスタ ブログ レポート 感想

これとても可愛いですね!

ついつい空いてるのに、掴みたくなっちゃいました!笑

 

東京ディズニーランドへの移動時間は?

  1. ホテルミラコスタフロント(徒歩) 3~4分→ディズニーシーステーション 3~4分
  2. ディズニーシーステーション→ディズニーランドステーション(リゾートライン乗車) 6~7分
  3. ディズニーランドステーション(徒歩) →ディズニーランド出口ケート 4~5分
  4. ディズニーランド出口ゲート(徒歩) →シンデレラ城 8~10分

計30分程で到着できます。

あくまで、これは通常の日中においての目安って感じですね。

 

▼2児のパパが自由になった方法▼

▲その秘密をメルマガで公開中▲

東京ディズニーランドを家族みんなでがっつり堪能!

そして、家族が楽しみにしていた東京ディズニーランドに到着!

ミラコスタ ブログ レポート 感想

サンダーマウンテンやスペースマウンテンにはまだ子供の身長が微妙に足りないので、乗れる乗り物は限られているのですが、ディズニーランドは雰囲気を味わう事が大事ですからね。

3歳の子供が電車や船が好きなのでそういった乗り物に乗ったり、パレードを鑑賞したりしました。

ミラコスタ ブログ レポート 感想

メリーゴーランドももちろん乗りました!

ミラコスタ ブログ レポート 感想

ポップコーンを食いまくる息子を見ていたら、あっという間にお昼の時間に!

ランチは予約していたので、ランチの場所まで猛ダッシュ!

 

ランチは「ザダイアモンドホースシュー」

ちなみに、ディズニーランドでのランチは、「ザダイアモンドホースシュー」に予約していたので、ショーを見ながら食べました。

ステージがあって、そこでショーが繰り広げられていました。

ミラコスタ ブログ レポート 感想

ディズニーキャラクターも出演するので、子供は無我夢中で見てしまうので、中々御飯が進まなかったですね!笑

ミラコスタ ブログ レポート 感想

確か、ショーは1時間ぐらいでその間にご飯が出てきます。

スモークターキーレッグの大きいのがとても美味しかったですね!

ミラコスタ ブログ レポート 感想

最後は、「トイ・ストーリー」のウッディとジェシーとブルズアイが握手やタッチをしに回ってきてくれて、なおさらお食事どころではなくなりましたね。笑

しかし、子供は大満足!0歳の娘はビックリの連続!

食後に、もう1枚全体をパシャリ!!

ミラコスタ ブログ レポート 感想

そして、ディズニーランドを満喫し、PM17:00にディズニー公式ホテル「ミラコスタ」に戻ってきました。

チェックイン自体は、PM15:00から可能なのですが、疲れ果てるまで遊んできました。

子供はタフですね!笑

妻と私は、疲れ果てていました!

 

ザダイアモンドホースシューのランチ料金

ミラコスタ ブログ レポート 感想

大人

  • S席 ¥4,110
  • A席 ¥3,700
  • B席 ¥3,290

 

子供(4~8才まで)

  • S席 ¥3,090
  • A席 ¥2,680
  • B席 ¥2,260

 

遊び疲れてディズニー公式ホテル「ミラコスタ」へ!17:00チェックイン!

ディズニー公式ホテル「ミラコスタ」に到着した途端、疲れ果てていた息子に元気が戻り、場違いな猛ダッシュし始める事件が勃発するも、、、笑

ミラコスタ ブログ レポート 感想

無事にチェックインを妻がしてくれて、

ミラコスタ ブログ レポート 感想

まず、チェックイン時に、もらったカードキーが印象的でしたね。

これは持ち帰り可能です。

家族の人数分もらいました。

ミラコスタ ブログ レポート 感想

カードキーすらもアルバムに挟むために、お土産にできそうですね。

そして、早速部屋へ向かいました。

私たちの今回予約した部屋は、ポルト・パラディーゾ・サイド ピアッツァビュー3375号室なので、3階の1番奥の部屋へ!

テンションの上がる家族!

もちろん私も楽しみでしょうがなかったですね!

ミラコスタ ブログ レポート 感想

家族の足は小走りで早く、私は置いてきぼりに!笑

 

ホテル「ミラコスタ」宿泊するポルト・パラディーゾ・サイド ピアッツァビュー3375号室へ

ついに、宿泊する部屋はポルト・パラディーゾ・サイド ピアッツァビュー3375号室に到着!

ミラコスタ ブログ レポート 感想

廊下の部屋の隣の窓から見える景色も絶景!

息子はそんな部屋についた事よりも、オレンジジュースがいち早く飲みたくてしょうがなかったみたいです。笑

ドアの横の画とか非常にお洒落でディズニーに来たって感じですね!

本当に、ディズニーランド同様の抜け目の無さを感じました。

 

部屋の内装がお洒落!

そして、部屋へ入ると!

ミラコスタ ブログ レポート 感想

もうお城ですね!笑

0歳と3歳の子供達も大喜び!

壁といい、カーテンといい、部屋の細かいところまでしっかりとデザインされた部屋にディズニー好きの嫁も大喜び!

ちなみに、このベッドの下に使い心地の良いベッドがもう1つ収納されていて、自由に引き出せました。

私はそこで寝たので、妻と子供は3人広々とこのベッドで寝ていました!

ミラコスタ ブログ レポート 感想

飾られていた絵もとてもお洒落で、

ミラコスタ ブログ レポート 感想

ディズニー好きにはたまらないものだらけですね。

パークでの冒険後は、優美なインテリアと、さりげなくデザインされたディズニーキャラクター達が心安らぐひと時を演出していますね。

 

アメニティーグッズはどれもお土産決定!

ミラコスタ ブログ レポート 感想

アメニティーグッズはこんな感じです。

全部お土産として、持ち帰りたいぐらいですね!

アメニティーグッズは以下になります。

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • バスジェル
  • 石けん
  • 歯ブラシ
  • 子ども用歯ブラシ
  • 子ども用マグカップ
  • ブラシ
  • 髭そり
  • ボディースポンジ
  • アメニティーキット(綿棒・コットン・シャワーキャップ・ヘアバンド)
  • 室内用スリッパ
  • 子ども用スリッパ
  • ペーパーバッグ

女性の方に注意して欲しいのが、メイク落としがアメニティーグッズとして部屋に備わっていないので注意して下さいね。

 

ルームサービスで美味しい夕御飯を満喫!

ミラコスタ ブログ レポート 感想 ミラコスタ ブログ レポート 感想

その日は、ルームサービスで夕御飯を済ましました。

結構ディズニーランドで、チュロスやポップコーン・スモークターキーレッグなどを食べまくり、お腹も満たしていたので、軽く注文し、

サラダとデザートとフライドポテトを注文して、¥3000円いかないぐらいでしたね。

値段にはピンキリがありましたが、¥10,000~20,000円あれば空腹状態でも家族4人が満たせられると思います。

しかし、ディナーコースを注文すると、結構値段もお高めなので注意してくださいね。

お酒やおつまみは2Fのロビーにある「ミケランジェロ」と言われる、いわゆるコンビニがロビーにあるので、そこで購入する事ができます。

 

ポルト・パラディーゾ・サイド ピアッツァビュー3375号室から見える東京ディズニーシーのパレードに感動!

パレードの写真は外が暗く、なかなか上手く撮影できなかったのでないのですが。苦笑

これは朝方に撮った写真です。

部屋から見える景色はこんな感じです。

ミラコスタ ブログ レポート 感想 ミラコスタ ブログ レポート 感想

この湖でショーが繰り広げられていて、ショーをみんなが周りで見ていて、それを上から見ているのが不思議でしたね。笑

何より、ショーの終盤になっても、帰りの事を気にせずにいられたのがとても良かったですね。

いつもショーが終わる5分前とか「帰り混むから、もう動き始めた方がいいかな?」なんてそそくさしちゃう方も多いのではないでしょうか。

 

部屋の位置はどこ?

ミラコスタ ブログ レポート 感想

ミッキー広場や街並み(港側)がみえるがハーバーショーは横目にしか見えないと言われていたのですが、確かに、真正面ではないものの、全然私は大満足でしたね!

ピアッツァビューは部屋数が多いので眺めも色々あるそうですね。

ピアッツァグランドビューなら、ハーバーショーが見えるみたいですが、ミッキー広場が見えづらいそうです。

ちなみに、ハーバービューなら、広場もハーバーショーも見えるみたいなので、今度は底を予約してみたいと思います。

 

宿泊に掛かった料金はいくら?

ミラコスタ ブログ レポート 感想

車の駐車場の料金も込みの金額ですが、全部でホテル「ミラコスタ」に支払ったお金は71,400円でした。

しかし、何も損した感は0で、妻も私も子供も大満足でしたね。

金額以上の思い出を頂きました。

さすが、ディズニークオリティーとしか言いようがありませんね。

夜に子供が寝静まった後に、誰もいないディズニーシーを眺めるなんて、なんか優越感に浸りましたね。笑

岡田康平

岡田康平
一見、仕事を休んでいるようにも見えますが、この間にもブログはしっかりと稼いでくれています。

特に、今月は調子が良く使った金額以上もの報酬が発生していました。

旅行に家族にたくさん行きたいという方は、特にブログはオススメです。

>>岡田康平のアフィリエイト実績を見る

 

ホテル「ミラコスタ」での朝飯は「オチェーアノ」(地中海料理レストラン)でバイキング!

ミラコスタ ブログ レポート 感想

ミラコスタ内にある「オチェーアノ」は、海をテーマとした地中海料理を味わえる人気レストランです。

店内はミラコスタのレストランの中でも座席数が多いため、非常に利用しやすいため、人気がありますね。

また、オチェーアノはディズニーシーに面しているレストランになっているので、朝から美しいメディテレーニアンハーバーを眺めながら最高のロケーションで食事を楽しむ事ができます。

私達は、朝の7時45分から「オチェーアノ」(地中海料理レストラン)を予約していたので、ディズニーシーに15分早く入園できる「ハッピー15エントリー」はしませんでした。

オチェーアノのバイキングは本当に美味しくて、何より周りのお客さんを見ると、「ハッピー15エントリー」なんて関係なく、ホテル「ミラコスタ」を満喫してる感を感じました。

内装も非常にお洒落でしたね。

ミラコスタ ブログ レポート 感想

やっぱり3歳と0歳の子供を持つ我が家は食事中は戦争みたいなものなので、美味しい食事の写真は全然撮れませんでしたが、もう朝から大満足でしたね。

 

「オチェーアノ」朝食ビュッフェ料金

ミラコスタ ブログ レポート 感想
  • 大人(13才以上):¥3,000
  • 中人(7~12才) :¥2,100
  • 小人(4~6才) :¥1,500

※3才以下は無料

座席数は286席(うち個室36席)になります。

ちなみに、朝食時間は6:30~10:00です。

 

「オチェーアノ」ビュッフェの予約方法

オチェーアノの朝食を利用する場合、プライオリティ・シーティングであらかじめ事前予約する方法があります。

プライオリティ・シーティングは、ディズニーレストランの事前受付(予約)サービスです。

プライオリティ・シーティングの予約には

  1. ホテル宿泊者枠
  2. ホテル宿泊なし/日帰り

があります。

①のホテル宿泊者枠は、ディズニーホテルの宿泊予約が完了した時点から優先的にオチェーアノの予約ができます。

※一部予約方法を除く

オチェーアノは宿泊予約の有無や予約方法によって受付先や受付期間も変わるので少しややこしいのも特徴の1つになります。

 

「ハッピー15エントリー」の対象ホテルはどこがある?

ミラコスタ ブログ レポート 感想

パークをより一層楽しむ上で、非常に便利な「ハッピー15エントリー」。

対象のホテルは、

  • ディズニーアンバサダーホテル
  • 東京ディズニーランドホテル
  • 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ

の、3つのディズニーホテルだけの特典でした。

しかし、2016年6月1日にオープンする、新しいディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ」宿泊者の特典にもなります。

 

ホテル「ミラコスタ」をチェックアウト後、徒歩10秒で東京ディズニーシーに到着!

昨日のディズニーランド同様に、乗り物はいくつか乗って、あとは雰囲気を味わうのと子供と妻と夢の国の時間を楽しく過ごしました。

もう遊びなんて、ディズニーシーで行わなくてもって思われるかもしれませんが。笑

とても楽しい時間を過ごせました。

最後は、旅行から、段々と筋トレみたいになっていました。笑

息子のためなら、何時間もこの体制で頑張っちゃいます!(次の恐ろしいほどの筋肉痛!笑)

ちなみに、息子は水で遊ぶところで上着をびしょ濡れにしたので、お色直しをしました!

そんなこんなで、1泊2日の家族旅行は終了しました!

 

『ミラコスタ ブログ 2018年 レポート』まとめ

ミラコスタ ブログ レポート 感想

今回ブログでは、家族念願の1泊2日のホテル「ミラコスタ」のレポート・感想をお届けしてきました。

いや~3歳と0歳の子供がいると写真を撮っている時間があまりなかったですね。

もっとたくさん写真を撮って、色々とレポートしていきたかったのですが、残念です。

しかし、やはりホテル「ミラコスタ」にまた泊まりたい!と私の中で思っているという事は満足できるホテルだったという事ですね。

家族旅行で東京ディズニーランドや東京ディズニーシーへ行く方は是非利用してみましょう!

2児のパパが自由を手に入れた方法を メールマガジンで公開中!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

調布「ゲゲゲの鬼太郎茶屋」ブログレポート&感想!子供が鬼太郎大好きならオススメ!