トレンド戦略を学ぶ

コピーライティングは稼げない?初心者が上達するための始め方・コツ

コピーライティングをどんだけ学んでも稼げない…学び方・コツとかないのかな?

とお困りの方に向けて、今回はコピーライティングを初心者が上達するための始め方・コツについて詳しくご紹介していきます。

文章を書く仕事をしている人なら、一度はしっかりと学んでみたいのが“コピーライティング”。

文章を書く事に正解はありませんので、評価されるかどうかはその時になってみなければわかりません。

しかし、コピーライティングを学んでおく事で、劇的にあなたが書いた文章を読んだ読者が抱く感情をより揺さぶる事ができ、アフィリエイトだったら記事や訴求に活かす事によって購買意欲をより一層かき立たせる事もできます。

そんな今回はアフィリエイト初心者の方に向けてコピーライティングって何?という所から、上達に向けて何に注意して、何を実践していけばいいのか?について詳しくご説明していきます。

習得する事ができれば、より大きな収益を上げられる事が可能になりますので、是非今日からブログ(サイト)運営に活かしてくださいね。

岡田康平
岡田康平
こんにちは、岡田康平です。

コピーライティングとは?色々な場面で役立つスキルなの?

コピーライティングとは、簡単に言うと商品などの価値や魅力を伝えるための「文章を書くスキル」の事。

「人間心理を深く理解して、言葉で読者の行動を変えること」

とも言われますね。

コピーライティングというと、“「そうだ 京都、行こう。」(JR東海)”のようなキャッチコピーを連想された方もいますかね?

しかし、主にキャッチコピーなどを考える事を生業にしている「コピーライター」が作業する事を「コピーライティング」というわけではありませんので混同しないように注意が必要です。

実際は、“コピーライティング”とは、記事全体を通して、分かりやすくニーズに合わせて魅力を伝えていくスキルという事になります。

一見難しいと思われがちで技術や知識が必要だと思われている方もいるようですが、ポイントを抑えて取り組めば、誰にでもすぐにコピーライティングの実力を上げていく事ができたりもします。

 

どんな時に、どういう場で求められるスキルなのか?

“コピーライティング”が必要となるのは、主に、ネットビジネスでライターとして活躍したい、または、活躍している人に求められるスキルでもあります。

ライターと言ってもたくさんの種類がありますが、どの種類のライターであっても“コピーライティング”のスキルは活きてきます。

特に、あなたがブログで記事作成を行う時も、アフィリエイトブログで商品を成約させる時も同様です。

文章を書く際に求められるものは何なのか?

それはユーザーの心理を揺さぶる事です。

岡田康平
岡田康平
あなたの書いた記事をユーザーにより読み深めてもらうためにも、商品の成約率を伸ばすためにも、売り上げを伸ばすためにも必要なスキルとも言える事でしょう。

最初から外注ライターを雇えれば、外注ライターの方に記事作成を任せる事ができますが、多くの方は最初の記事作成は自分で行います。

つまり、これができずには「ブログで稼ぐ」という言葉からも無縁となってきます。

 

私生活にも影響が!?

他にもコピーライティングスキルを身に着ける事によって、私生活においてもトーク力の引き上げに役立ちます。

誰かと喋る時、会話する時にもコピーライティングは活かせるという事。

人に対して何かを「訴えたい、オススメしたい、紹介したい」など説明をしようと思った時に、ライターの場合は文字で表現します。

私生活では、それを「口で喋る事」により表現するだけの違いで、どうやって表現をするかの違い”だけ”であって、表現したい内容は同じになります。

むしろ、会話には、文字にはない表情やトーンも付け加える事ができるので、同じコピーライティングのスキルであっても、私生活の方が活かすのは簡単かもしれません。

本業として会社に勤めている方の場合は、会議やプレゼンでの説明力や説得力に違いが出てきます。

知人の結婚式でスピーチが必要になった場合にも、文章の構成にも活きてきて、皆が聞きいるスピーチができたりもします。

つまり、「伝える力」がより一層強くなってきます。

というように、ビジネスだけではなく、コミュニケーション能力を向上させるという意味でも知らず知らずのうちにあなたの人生をより明るく、より希望に満ち溢れたものに繋げてくれる事でしょう。

 

コピーライティングはお金になる?身につければ稼げる?

コピーライティングは稼げない?上達するコツ

「コピーライティングには1億円の価値がある」

と言われるほど、お金を稼ぐために有効な手段と言われています。

実際にライターとしてネットビジネスに参入していく人であれば、必要とされるスキルであり、それにより請け負う仕事の受注額は変わってきます。

ですが、現実を見ていると、“コピーライティング”のスキルがあるからと言って、ライター業で稼げている人は、ほんの一握り。

クラウドソーシング大手クラウドワークスの2015年決算資料によると、クラウドワークスで働く人で月収20万円を超える人は111人。

全体の割合でいうと0.014%でした。

実際に1文字0.1円~0.5円に換算できる単価で仕事を引き受けている方もたくさんいます。

ネットビジネスの記事作成の単価相場は1文字1円と言われていましたが、それだけもらえている人の方がきっと少ないのではないでしょうか?

では、“コピーライティング”のスキルがあれば稼げるというのは嘘なのか?と思われるかもしれませんが、中には100万円以上稼いでいる方も大勢いらっしゃいます。

人によっては数万円、人によっては数百万円…一体その差は何なのか?

について見ていきましょう。

 

コピーライティングは稼ぐために必要なスキル!

まず、“コピーライティングスキルがあるかないか”だけで、仕事をくれる人の支払う金額は大きく変わってくるという事は忘れてはなりません。

ライターとしてのスキル・テクニックを1から教える場合と、初歩的な基礎スキルを持っている場合の単価が同じでは、あなたもライターだとしたら納得がいかないですよね?

さらに、ライターとして記事を書いていく上で“コピーライティング”のスキルを持っているか、いないかで商品の成約率に大きな差が生じます。

100人が読んで10人の気持ちを動かせる文章より、100人読んで50人の気持ちを動かせる文章を書ける方が、商品を売りたいのであれば、成約数も格段と変わってきますからね。

というように、“コピーライティング”のスキルがあった方が稼ぐためには、持っていない人に比べて圧倒的有利と言えます。

岡田康平
岡田康平
自分でアフィリエイトブログを運営する場合にも同様です。

読者に共感してもらえるような言葉や、求めている言葉を掛ける事ができれば、広告の商品の魅力をより伝え、ユーザーの心理を揺さぶる事ができますもんね。

つまり、「コピーライティングのスキルより収入が変わる」と言えます。

 

 

 

コピーライティングスキルだけでは稼げない理由

コピーライティングは稼げない?上達するコツ

コピーライティングのスキルを習得したのに稼げない!という方は、コピーライティングのスキルに頼りすぎている可能性があります。

ネットビジネスを行う上で、“コピーライティング”がとても必要になる事はご説明してきましたが、それだけを持っていても、実際は収入は上がりません。

というのも、アフィリエイトブログを運営していて収益をあげていくには、

収益をあげるために必要な事
  • Webマーケティング
  • SEO(検索エンジン最適化)
  • アフィリエイトのノウハウ

サイトを繁盛させるためのスキルも合わせて必要になるという事です。

さらに記事を書く時にも、大まかなターゲットやペルソナを予想したり興味を持たれそうなキーワードを考えるという作業も必要になってきます。

それらができないと、コピーライティングのスキルがあったとしても収益としては反映されてきません。

岡田康平
岡田康平
ライターとして記事作成を引き受けている方は、せっかくコピーライティングのスキルを持っていても、単価の低い人からばかりお仕事を引き受けていては、収入には直結しません。

やっぱり自分を安売りしない!という事を心掛ける事も大切ですね。

“コピーライティング”だけで自分を売り出さずに、他のスキルとも組み合わせて見せていく事で、高い単価を得るようにしていきましょう!

 

コピーライティングの始め方は?上達するためのコツも解説

コピーライティングは稼げない?上達するコツ

では、コピーライティングが役立つ事も分かり、それによって稼げるという事も分かったが、そのコピーライティングのスキルを習得したり、上達させるためにはどんな事をすれば良いのか?

ただ、自由に文章を書いてください!と言われても、困りますし、書き始めから終わりまで、何をどう書いたら良いのか迷う方が多いと思います。

「文章を書くのが苦手」と感じている方も多いように、思い浮かばない人が多いのが現実ですよね。

そこで、上手な文章を書けるようになる方法を習得するのにオススメな手段からご説明していきます。

 

どうのように学んでいけばいいの?効率的に学ぶには?

まずコピーライティングを習得する方法で一般的にオススメされているのは

  • 勉強(インプット)
  • 写経

があります。

どういう事なのかご説明していきます。

 

勉強(インプット)する

コピーライティングに関する著書がたくさん販売されているのはご存知ですか?

まずは、それらを使って基礎的な知識を持つことがオススメです。

これから先、たくさんの文章を書く事になっていきますが、その時に、

  • 書き始めはどうしたら良いのか?
  • 何を意識して書いていけばいいのか?

という事が分かっているととても楽になりますもんね。

手紙を書いていても、最初に頭を悩ませるのは書き始め。

しかし、そこが決まれば意外とスラスラと筆が動く物です。

そのような基礎的な文章を書くためのノウハウを習得すると、がむしゃらに文章を書くよりも、上達は早くなります。

岡田康平
岡田康平
最初は本を読んでも何の事なのか?意味を理解するのが大変かもしれません。

しかし、それを知っているか知らないかで後々の作業に差が生まれます。

というのも、自分の中にたくさん伏線を貼り、実際に書いていく過程・他の人の文章を見る過程で回収していく流れが、あなたのコピーライティングスキルの成長をより一層早める事ができるからです。

ですので、作業する前に基礎的な事を一度目を通しておきましょう。

 

写経

写経は、上手い人のを真似て書き写してみる事を言います。

「上手い文章を書くためには写経しろ!」と言われるほどに、皆さんがこぞってオススメされている方法になります。

ここで特にオススメなのが、勉強→写経の手順で行う事です。

岡田康平
岡田康平
先程も言ったように、先に勉強する事である程度の知識を頭の片隅に置いておく事で、その人の文章のどこが良い点なのか?というのを見つける事ができます。

他にも自分が勉強した中で分かりにくかった事が、具体例を見る事でスッキリ解決できます。

何も知識がない時に書き写したとしても、それはただ書き写すだけの作業になってしまい、それでは意味がありません。

勉強(インプット)をした後に写経をするのがオススメです。

色々考えながら写経をする事で更なる勉強にもつながってきます。

 

より早く上達していくためのコツ

コピーライティングは稼げない?上達するコツ

他にもコピーライティングのスキルを向上させるためのコツはいくつかあります。

コピーライティングのスキルを習得しようと努力される方はたくさんいます。

しかし、全員がライター業で食べていけている訳ではありません。

向き不向きももちろんあると思いますが、それだけではなく、「気持ち」という部分が大きく関わってきます。

そこで、あなたも今日からできる上達のコツについてご紹介していきます。

長く向上心を持って続ける事で、より早く上達していけますのでご活用ください。

 

とにかくたくさん書く

まずは文章を書くという作業に慣れていきましょう。

“自分が得た知識を実際に書いてみる。”という「インプットしたものをアウトプットする」という作業が文章を書く行為です。

その行為を繰り替えし行う事で、どんどん文章を書く事に慣れて上達をしていきます。

インプットしたものを自分のものにするには時間が掛かります。

コツコツとアウトプットを積み重ね、経験を培う事によって、知識が自分に馴染み、自分のものになります。

岡田康平
岡田康平
アウトプットする過程でより成長を早めていくには、ア「ここはもっとこうした方が良いか?」「これで合っているのか?」と自分自身に常に問いかけていく事が、更なるライティングの引き出しを増やし、スキルアップに繋げる事でしょう。

「今の自分に満足せずに向上心を持ち続ける事」

これは何に置いてももとても大切な事ですよね。

 

成果が出るまで諦めない

もうだめだ…と諦めてしまうのはとても勿体無い事です。

自分自身の体感的には大きな事になっていますが、自分を客観的に見て、案外簡単に諦めている人が多いですよ。

続けていればもうすぐ結果がついてきたかもしれないのに、その可能性を自分自身で簡単に潰してしまっています。

でも、勉強と記事を書く事を諦めずに続けていってるという事は、着実に上達していっている事を忘れてはなりません。

成功するまでの失敗は必ず誰もが経験をしています。

何度も失敗を繰り返すことによって成功に近づけると考えて、前向きに続けて作業をしていってくださいね。

 

イメージを膨らませる

記事を書く時には必ずその時の読んでくれている人の気持ちを想像しながら書いていきましょう。

というのも、その意識だけで読者への伝わり方も変わり、説得力の有る無しに大きく関わってきます。

まずは最初から最後まで読んでもらえる事、そして内容に共感してもらえる事を意識する事。

そのためにはターゲットを絞る事も重要になってきます。

どんな人がどんな気持ちで読んでくれているのか?というものが想像できれば、文章もスラスラ出てくる可能性があります。

読んでくれている人を意識しながら取り組んで、どういう記事が良い記事だと思われるのかを最大限イメージしてみてください。

岡田康平
岡田康平
コピーライティングが上手いと言われる人のメルマガを購読して、色々な言い回しを学び(盗む)というのもオススメです。

本当に、コピーライティングを上手くするには知識・情報のインプットも大事ですが、伝えるための伝え方の引き出しがたくさん必要になります。

上手い人の文章を読み、この伝え方・この言葉の使い方良いなと思ったら、メモ帳にメモっておいたりする事もオススメです。

 

まとめ

今回は、コピーライティングを初心者が上達するための始め方・コツについて詳しくご紹介してきました。

特に、ネットビジネスでは重要視されつつあるコピーライティングのスキル。

コレだけが全てではない、と言えますが持っていると役立つ事・人生をより飛躍させる事ができるスキルの一つでもある事は間違いないでしょう。

初心者の方は、文章を書く作業は最初はかなり迷う事も多く、難しい部分もあるかもしれませんが、続けていく事ができれば楽しい部分や嬉しい部分も絶対に見えてきます。

成功まで諦めずに、自分らしい記事が書けるようになる日まで、上達を目指してコツコツと頑張りましょう!

2児のパパが自由になった方法を
メールマガジンで公開中!!


 

(※1)登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
(※2)お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
(※3)いつでもメール内の解除リンクから解除出来ます。